群落ではないけれど・・・     ≪   ウツボグサ   ≫



里山の土手で初めて出会ったのは、去年のこと
今年も見に行きましたが、どうしたことか姿が見えませんでした。

特徴的な花穂に紫色の花を咲かせる ウツボグサ(靫草) 
土手を飾る紫の群落が印象的でしたのに・・・!?

ここでは群れではなくて、あちらこちらにポツリ・ポツリと、
緑の幅広の苞の間から紫の顔を出し、お喋りを楽しんでいるのでしょうか?
精一杯の笑顔を見せています。

花は2・3日で落ちてしまい、次々と咲きながら夏の終わりには葉は緑色なのに
花穂だけがカサカサに枯れたような褐色になるそうです。

所々枯れたものは見ましたが、花が落ちて全て褐色の花穂が緑の中におすまし顔で立っていたら、不思議な光景でしょうねぇ~!
別名を 『夏枯草(かこそう』 、生薬として利用されているようですね。
 
お花は、群落でも、ひとつひとつであっても、眺めているだけで心が温かくなります。


ウツボグサの花をつまみて吸いたりき幼い日々の淡い甘さよ        鳥海昭子


花言葉は、 優しく癒す


(1)
a0140000_23425097.jpg


(2)
a0140000_234371.jpg


(3)
a0140000_23432787.jpg


(4)
a0140000_23434546.jpg


(5)
a0140000_2344689.jpg


(6)
a0140000_23442130.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-07-16 23:47 | Comments(6)
Commented by asitano_kaze at 2014-07-17 17:13
ウツボグサは面白い花の咲き方をしますね。
赤紫の点々が愛らしいです。
群生もいいですが、こんなふうにあちこちにばらけて咲いているのも好きです。
主人公を選びやすいですし。
3,4,すばらしいです。
群生しているとこんなふうには撮れませんからねぇ。
Commented by shizenkaze at 2014-07-17 23:45
私の好きな唇形花のウツボグサ・・・・・
こちらでも野山では見られても極僅かです
いつもは多く見られる薬草園で写していますが自然の中に咲いている少し小さめの花穂の方が可愛いですね~

名前の由来の弓矢を入れる『靫』には似ているなんて思った事がないです・・・・・
こんな姿の『靫』ならもっと弓道に力を入れてたかも知れないです~♪

2.3.4の写真いいですね~♪
Commented by hemi-kame2 at 2014-07-18 09:44
上の唇弁が帽子のように見えます。
ハンチング帽子のようなカーブが良いですね。
3,5、6枚目、良いですね。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-07-18 22:07
asitano_kazeさん
初めて出会ったのは、里山の土手でした。
斜面の一角が紫色に染められて、近づいてみるとこの花の群落でした。
あの感動が頭に焼き付いています。
今年は姿が見られず、残念に思っていました。
出会ったその時が撮り時・・・、そう思うようにしています。
3、4、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-07-18 22:07
shizenkazeさん
この子たちも山道の雑草にまみれて咲いている花です。
可愛らしく表現しようとしても、背景がうるさかったり、気ままな他の草に邪魔されたりと思い通りには行きませんね。
ちょっと不満が残りますが、♪~ありのままにぃ~♪ 載せる事にしました・・^^
弓道をされていたのですか~?
多才ですねぇ・・☆
2、3、4、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-07-18 22:07
hemi-kameさん
ほんとだぁ~! 帽子に見えます。
気がつきませんでした^^;
何でももっと丁寧に見て想像力を養うべきですね!
3、5、6枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 山道の草薮を照らす灯り    ... ひとり遊び     ≪   ス... >>