寄り添う美しさ    ≪   ニリンソウ   ≫



若草の芽出しが進んできました。
初々しい緑のあいだから、そっと顔を出した ニリンソウ(二輪草)
眠たげなお顔も愛らしいです~☆

心地よい春風がみどりの海を吹き渡り、お日さまが輝きを増しますと、
この子たちの笑顔も輝いてきます。

すこし遅れて咲く妹をやさしく見つめる姉さん花・・・☆
思わず微笑みが浮かびます。

動物も植物も、そして人も、寄り添うすがたは美しいですね。


清純に二輪草白く咲きそろう谷間傾(なだ)りを風わたりゆく     鳥海昭子


花言葉は、 かわいらしい、予断


(1)
a0140000_2055026.jpg


(2)
a0140000_2061266.jpg


(3)
a0140000_2062553.jpg


(4)
a0140000_207556.jpg


(5)
a0140000_2084989.jpg


(6)
a0140000_2091298.jpg


(7)
a0140000_2094155.jpg


(8)
a0140000_2095928.jpg


(9)
a0140000_20101255.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-04-15 20:12 | 植物 | Comments(8)
Commented by asitano_kaze at 2014-04-15 20:27
1~3,優しげでまるで夢みているようなおぼろな表情がいいです。
2の向かい合っているふたり、これはもう物語が始まっていますね。
7,バックの黒が効いていますね。
ニリンソウは物語を紡いでくれるような花で、しゃがんでいる時間がつい長くなります。
Commented by shizenkaze at 2014-04-16 00:03
ニリンソウのこう言う光景を見たいのですが私が見るのは自然公園の花ばかり・・・・・
地面が整地されて土が丸見えで花を可愛く撮るにも難しい場所です

緑が多くて花を横から写すことの出来る所に憧れています~
こちらではキンポウゲ科の花は多くないので咲いている所があればどんどん出かけたいですね~^^

1.2.3.7.8.9の写真いいですね~
Commented by hemi-kame2 at 2014-04-16 05:45
ニリンソウ、寄り添う夫婦の花と勝手に思ってました。
>すこし遅れて咲く妹をやさしく見つめる姉さん花。
この言葉、素晴らしいです、ニリンソウにぴったりだと思います。
これからは姉妹の花として見ませう。
2,8枚目、良いですねぇ。
Commented by calmcalmcalm at 2014-04-16 15:58 x
soyokaze-1020 さま
とても優しいまなざしを感じるお写真ですね
「動物も植物も、そして人も、寄り添うすがたは美しいですね。」
この言葉もとても素敵ですね
4番目の作品の中に エンゴサクも咲いていますね
素晴らしい所のようで羨ましいこと!
Commented by soyokaze-1020 at 2014-04-18 22:41
asitano_kazeさん
1~3、空が霞んで光がない時間でした。
お花はとても敏感に光に身をゆだねて、なすがままの表情を見せてくれますね。
草花と向き合っていますと、自然体で生きることの美しさを感じます。
ニリンソウ、想像を膨らませる可憐なお花を好んでいます。
1~3、7も有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-04-18 22:41
shizenkazeさん
ここは山野草愛好家がお世話している自生地です。
5月頃まで、日を追って次々に春の野草が顔を見せてくれます。
その魅力に惹かれて、遠くても出かけてしまいます。
近場を知らないものですから~^^;
1、2、3、7、8、9、いつも沢山有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-04-18 22:41
hemi-kameさん
勝手にイメージする悪い癖です。
夫婦花も素敵ですけれど・・・
2輪咲いているのを見つけるのに苦労しました。
もう少し経てば、賑やかなニリンソウに出会えたのでしょうが・・・
2、8枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-04-18 22:41
calmcalmcalmさん
寄り添うことは、時には難しく感じることもあります。
ですから、尚更この子たちの姿に憧憬の念を持ってしまいます。
4枚目、先日訪れた折には一株だけのヤマエンゴサク、この日はかなりの群生が見られました。
魅力的な山野草自生地で、何度も通ってしまいます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 色とりどりの花簪    ≪  ... 四月の雪    ≪   ザゼン... >>