燃えあがる小さな炎    ≪   カタクリ   ≫


7・8年もの長い年月を、土の中で穏やかに過ごし、
ほのかに春風が、地上を撫でるこの季節に目を覚ます陽炎のような花

春風は静かな湖面に投げ入れた小石・・・?

かたく閉じた蕾は、風に揺すられながら起き上がります。

やがて陽射しを受けて大きな溜め息と共に開いた花~♪
胸の高鳴り、憧れ、ときめき、言葉にできないこころの波

そんな想いを伝えられない切なさが、うつむき加減に咲く花姿に、
後ろに反り返った花の形は、他人に言えない秘めごとが燃え上がる炎を連想させます。

カタクリ(片栗) は、草木が芽吹く前に花開く春植物の代表
わずか数週間の命・・・
春の終わりには地上から姿を消して、母なる土に戻ります。

胸に秘めた想いは、春の陽に昇華され、透きとおり“ かげろう ” になりました。


時流れきてかたくりの一つ花       加藤楸邨
雪解けの山の斜面を埋めて咲くカタクリの花そよぎ止まざり     鳥海昭子



花言葉は、 初恋、嫉妬、寂しさに耐える


(1)
a0140000_18502644.jpg


(2)
a0140000_18504637.jpg


(3)
a0140000_1851938.jpg


(4)
a0140000_18514152.jpg


(5)
a0140000_18515928.jpg


(6)
a0140000_18522980.jpg


(7)
a0140000_18525740.jpg


(8)
a0140000_18535079.jpg


(9)
a0140000_1854965.jpg


(10)
a0140000_18545956.jpg


(11)
a0140000_18551841.jpg


(12)
a0140000_18553580.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-04-01 18:56 | 心の庭 | Comments(6)
Commented by shizenkaze at 2014-04-01 23:39
カタクリの可憐な姿が見たい為にこの季節になると公園や群生地に向かってしまいます・・・・・
春の女神のような佇まいの花達にはカメラを持って取り囲むように集まっている大勢の人の群れは恐怖なのかも知れません~
花弁を反らして俯き恥じらうようにしている花の姿にふと我に返るとカメラを置いて花達に囁きたくなることもありました・・・・・♪

蕾の姿も優しいですね~
美しい日本の原風景に酔いながら春を楽しみたいです・・・・・

2.4.5.9の写真いいですね~(*´∀`*)
Commented by hemi-kame2 at 2014-04-02 09:31
花びらを後ろに反らして風を切って飛んでるように見えます。
花びらの反りが恰好よく見えるのはカタクリならではですね。
1,10枚目、良いですね。
Commented by asitano_kaze at 2014-04-02 16:02
カタクリは秘めたる想いをしずかに燃やしているようにみえますね。
地中生活が長いので、地上に出てきて花を咲かせたときには喜びがあるでしょうね。
伝えられない想いが陽炎となって立ち上るというsoyokazeさんのイメージ、すてきです。
花だけでなく2のつぼみもいいですねぇ。
4,6,11,12,すばらしいです。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-04-05 07:55
shizenkazeさん
カタクリは人気者ですね。
こちらでも小さな群生地ですが、時期になりますと大勢のカメラマンに囲まれます。
この日は、人が少ないであろう場所に行きましたら、当たり~でした^^
私たちだけ・・! ゆっくり花と向き合えました。
良い時間を過ごせて、ラッキーな日でした。
2、4、5、9、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-04-05 07:56
hemi-kameさん
はい、そんなに反り返らなくても・・! と、思うほどですよねぇ~^^
うつむいた姿は恥ずかしげですが、風に乗って飛んで行きたい気持ちが表れているのでしょうか?
1、10枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-04-05 07:56
asitano_kazeさん
花と向き合っています時は、周りの雑音が聴こえなくなります。
いつの間にか気持ちを託す悪い癖です。
心の目で見ますと、様々な表情を見せてくれ、勝手な想像も膨らんできます。
こころの波を言葉で表すのは難しいですね。 恥ずかしいかぎりです。
4、6、11、12、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 春の野の道化師     ≪  ... 輝き競う    ≪   花椿   ≫ >>