妖精たちの夢舞台    ≪  ヤマエンゴサク ・ キバナノアマナ ・ ユキワリイチゲ  ≫


ちいさな白い妖精 ≪アズマイチゲ≫ のすぐ傍で、静かに咲く花の妖精たち
Spring Ephemeralといわれるこの子たち
今この時が、この子たちの晴れ姿です。

過酷な暑い夏を乗り越え、厳しい冬を耐え、真っ暗な地中で粘り強く春を待って

やがて母のぬくもりの中で目覚め、ふかふかの木の葉をかき分け芽を出したそこは・・・
やさしい光の世界

透き通り青く輝く ヤマエンゴサク(山延胡索)
弾ける笑顔の キバナノアマナ(黄花の甘菜)
たおやかで静かに微笑む ユキワリイチゲ(雪割一華)

風とたわむれ、鳥の歌を聴き、ふりそそぐ柔らかな陽射しに舞い
周りの木々や草たちが芽吹くまでの僅かな時間

そこはまさに彼女たちの夢舞台です。


花言葉は、
ヤマエンゴサク・・・ 思慮深い
キバナノアマナ・・・ 運が向いてくる
ユキワリイチゲ・・・ 幸せになる


(1)ヤマエンゴサク
a0140000_16214728.jpg


(2)
a0140000_16225689.jpg


(3)キバナノアマナ
a0140000_16232541.jpg


(4)
a0140000_1623468.jpg


(5)
a0140000_16241474.jpg


(6)ユキワリイチゲ
a0140000_16245622.jpg


(7)
a0140000_16261795.jpg


(8)
a0140000_16263585.jpg


(9)
a0140000_16265617.jpg


(10)
a0140000_16271546.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-03-22 16:28 | 植物 | Comments(8)
Commented by shizenkaze at 2014-03-22 23:45
色々な春の妖精が見られましたね~^^
私も今日は伊吹山の麓まで出かけましたが昨日は雪が降ったようで小さな花達は大変だったようでした・・・・・
セツブンソウとミスミソウとネコノメソウは見られましたがキバナノアマナは花を閉じたものだけ見られました・・・・・><

ヤマエンゴサクは優しいですね~
キバナノアマナは明るく感じます
ユキワリイチゲは初々しい少女の姿のような印象が感じられました~
Commented by hemi-kame2 at 2014-03-23 09:28
ヤマエンゴサク、赤紫の花だと思ってました。
薄青い涼しげな色ですね。
キバナノアマナ、明るい少女の雰囲気がありますね。
ユキワリイチゲ、きれいなお姉さんでしょうか。
Commented by calmcalmcalm at 2014-03-23 19:41 x
soyokaze-1020さま
素晴らしいお花の色々
野生なのでしょうね
私が行くところも地域皆様が守り育てておられ
ひろはのあまな(白) ヒメエンゴサク ユキワリイチゲ
ニリンソウ エンレイソウ 等
先日でかけてみましたがまだ早く
もうそろそろかと思っています
でもこちらのように群生しているのは凄いですし
とても美しく撮っておられますね
素晴らしいです
Commented by asitano_kaze at 2014-03-23 21:33
私の出会いたい花を次々と撮られていますね。
ヤマエンゴサクはなかなか会えません。
ひかえめなブルーが何とも上品ですてきです。
キバナノアマナ、1度見たことがありますが、これも珍しいですね。
ユキワリイチゲはやはり妖精ちゃんの趣がありますね。
1,3,5,6,8,10,すばらしいです。
Commented by soyokaze-1020 at 2014-03-24 23:35
shizenkazeさん
ここの自生地では次々に春の妖精が咲きます。
けれど、ヤマエンゴサクもキバナノアマナもまだ少なくて、これからのようでした。
ユキワリイチゲだけが小さな群落を見せていました。
先日のユキワリイチゲの場所より標高が高いのかも・・?
違った観点で撮ってみようと思っても、同じような絵になりますね^^;

Commented by soyokaze-1020 at 2014-03-24 23:37
hemi-kameさん
ヤマエンゴサク、ネットで見ますとややピンクがかったものもあるようですね。
私は青いものしか知らないのですが・・・、もっと濃い青いものも美しいです。
キバナノアマナ、咲き始めで愛らしかったです。
ユキワリイチゲ、3種類の色が見られたのですが、何とか見られる絵はこれだけでした。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-03-24 23:37
calmcalmcalmさん
野生ではありますが、愛好家の方々がお世話しているところです。
このような花は、草刈を丁寧にしないと芽が出ても絶えてしまうそうです。
斜面になっている場所柄、ご苦労もあるようです。
ただ、見に来られる方々が居ますと、丁寧に説明をしてくださいますし、それがとっても愉しそうなのです。
きっと、山野草が大好きなのでしょうね?
少し遠くはありますが、この時期、何度も訪ねてしまいます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-03-24 23:38
asitano_kazeさん
この時期、体調不良などと云っていられません。
東に西にと、つい遠出してしまいます。
散歩道では出会えない子たちの魅力に誘われて、焦り気味です。
ヤマエンゴサクは一株だけでした。それを右から左からと・・・
キバナノアマナは咲き始めたばかりのようで、少しだけしか見られません。
ユキワリイチゲ、表現方法を変えてみて・・? などと思いましても同じような絵になります。
まだ勉強が足りません。
1、3、5、6、8、10、励まして頂き有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雪の精    ≪   バイカオ... 空をみあげて~!    ≪  ... >>