ひかえめにすがしく    ≪   ニホンズイセン   ≫



潮風がやさしく吹き上げる岬の集落

お洒落な家が其処此処に建ち、梅の木や水仙の花が植えられて
かつての豊かな暮らしぶりを思わせています。

今は住む人も少なく、庭は荒れ放題

けれど、季節が来れば花や木は芽を出し、風に吹かれながら花をつけます。

集落の狭い道路沿いにも、手入れをされない ニホンズイセン(日本水仙) が、
屈託のない笑顔で冬日をあびています。

花はまだ咲き始め・・・
春の光がふりそそぐこれからの季節、野生化したこの子たちの香りで、この集落は満ち溢れることでしょう。



明るさは海よりのもの野水仙      稲畑汀子




花言葉は、 自己愛


(1)
a0140000_22225049.jpg


(2)
a0140000_22231480.jpg


(3)
a0140000_22234140.jpg


(4)
a0140000_22241248.jpg


(5)
a0140000_2225358.jpg


(6)
a0140000_2227104.jpg


(7)
a0140000_22261699.jpg


(8)
a0140000_22275576.jpg


(9)
a0140000_22283169.jpg

by soyokaze-1020 | 2014-01-26 22:29 | 植物 | Comments(8)
Commented by shizenkaze at 2014-01-26 22:59
今の季節にはブロ友さん達のブログにも日本水仙の花が載せられるようになりました・・・・・
他の水仙達と比べると優しそうに見えますね~^^

水仙はナルシストの語源にもなっていますが自己愛だけじゃなくて遠くから見ていたって可愛く綺麗に見えますね・・・・・♪^^
1.3.6.8.9の写真いいですね~
Commented by hemi-kame2 at 2014-01-27 10:02
野生化したニホンスイセンなんですね。
スイセンが人の名残りをとどめているということでしょうか。
古の スイセン咲くや 庭の野に
Commented by asitano_kaze at 2014-01-27 18:01
ニホンズイセン、とっても繊細に撮っておられますね。
1,3,7,いたくこころ惹かれました。
とくにトップは物語の扉が開かれているような気がしました。
Commented by calmcalmcalm at 2014-01-29 21:05 x
soyokaze-1020さま
もう 日本水仙が咲いているのですね
そっと咲いているのがよく似合うお花ですね
Commented by soyokaze-1020 at 2014-01-30 15:56
shizenkazeさん
我が家の庭はまだ蕾が少し膨らんできただけですが
この岬の集落では潮風が温もりを運んで来るのでしょうか?
集落全体に道路わきや崖などに野生化したニホンズイセンがあり、
この時期、必ず訪れています。 道路も狭く小さな集落ですが廃屋が多くなりました。
梅の花も水仙も今年は遅い気がします。
1、3、6、8、9、いつも有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-01-30 15:57
hemi-kameさん
はい、集落の至るところに水仙が見られます。
海を見下ろす岬で景観は素晴らしいのですが、暮らすには不便なのでしょう。
お洒落な大きな家も今は人の気配がなく、廃屋になってもったいない気がするのですが・・・
庭が野の佇まいになっていました。
素敵な句、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-01-30 15:57
asitano_kazeさん
ここではまだ咲き始めのスイセンです。
好きなお花なのですが、光に恵まれなく、思い通りの絵にはなりませんでした。
誰もお世話をしなくても、誰からも見られなくとも健気な佇まいに魅力を感じました。
1、3、7、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2014-01-30 15:57
calmcalmcalmさん
庭ではやっと蕾が膨らみ始めたところですが、
ここでは一番乗りらしき子たち顔を見せてくれました。
咲き揃いますと集落は見事な景観に満たされるのですけれど・・・
咲き始めの そっとした佇まい 私も好きです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 愛くるしいお客さま    ≪ ... 飛翔~☆    ≪   ユリカ... >>