水辺のささやき    ≪   ノブドウ   ≫



石垣から水辺に枝垂れて風に身を任せる ノブドウ(野葡萄) を見つけました。

周りのものに巻きヒゲで絡みながら成長する蔓性のこの子たち
空中ではそれも叶わず、風に身を任せるしかないですねぇ。

健気にたくさんの果実をつけています。

日あたりのいい里山では、野の宝石のように様々に色づいて目を楽しませてくれますが
ここでは白く小さなものが多いようです。
まだ幼いのでしょうか?

既に冬至も過ぎ冬の真ん中ですのに、環境条件で成長が遅れたのかなぁ~?

お日様の光が弱々しいこの時期、流れの音と揺れるノブドウは何をささやきあっているのやら・・・!?



野ぶだうや筧朽ちたる崖の下      寺田寅彦



ノブドウの花言葉は、 慈悲、慈愛


(1)
a0140000_1442383.jpg


(2)
a0140000_1444043.jpg


(3)
a0140000_1445633.jpg


(4)
a0140000_1451216.jpg


(5)
a0140000_1454539.jpg


(6)
a0140000_1455968.jpg


(7)里山のノブドウ(10月末)
a0140000_1471674.jpg


(8)
a0140000_1483680.jpg


(9)
a0140000_1485251.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-12-24 18:00 | 植物 | Comments(8)
Commented by calmcalmcalm at 2013-12-24 21:13 x
soyokaze-1020さま
野葡萄たちは揺れながら ダンスしているかもね
楽しい歌を口ずさみながらね
楽しいですね 美しいですね
Commented by hemi-kame2 at 2013-12-25 09:40
ノブドウの実は小さい変わり玉飴みたいですね。
七色に色が変わるのが面白いです。
干し葡萄にしたら食べられないのかしら。

Commented by shizenkaze at 2013-12-25 23:24
里山のノブドウは色鮮やかですが水辺で写されたものは本当に白っぽいですね・・・・
これから色づくのでしょうか?

ヤマブドウやエビヅルやサンカクヅルの実は甘酸っぱくて食べられますがこのノブドウは食べられないですね・・・・・
でも食べられない分色が綺麗で目を楽しませてくれます~^^

食べてしまえば一瞬ですが観賞はいつまでも長く出来ますからこちらの方がいいですね~^^
2.5.7.8.9の写真いいですね~^^
Commented by m-kotsubu at 2013-12-28 20:15
こんばんは♪
ノブドウを初めて見たとき、ほんと宝石かと思いました。
綺麗な色ですよね、
このグラデーションが なんともいえず好きです。^^
Commented by soyokaze-1020 at 2013-12-29 20:23
calmcalmcalmさん
絡みつくものがなく空に腕を伸ばし、風に揺れるノブドウです。
その下には細波が歌を唄って、時々光に煌いて、ダンスのお誘い~?
楽しい物語を想像しますねぇ。
素敵な光景をイメージして頂き、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-12-29 20:23
hemi-kameさん
ひとつの枝に様々な色を織り成すノブドウ不思議な植物です。
食しても喩えようもないほど不味いらしいです。
それに虫こぶが多く出来てその中に虫の幼虫が居ると聴けば、食べる気にはなれません。
美味しそうに見えなくもないですが・・・^^
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-12-29 20:23
shizenkazeさん
里山で出会ったものは、たくさん撮りましたのに、虫こぶが多くあまりにも憐れで・・・
美しい野の宝石を捜していましたが、
ここでは色づきが少なく思った子たちに出会えませんでした。
後日、見に行きましたが刈り取られた後~^^;
街中は、観光客を期待して、どこも整備がすすんで野草たちには苦難の春になりそうです。
2、5、7、8、9、いつも励まして頂き、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-12-29 20:24
m-kotsubuさん
自然が作り出す色や姿、心打たれますねぇ。
この季節に、山や森で美しい果実に出逢うのが楽しみです。
なかなか、思い通りの表現は出来ないのですが、そのたびに写欲をそそられます。
コメント、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< であいのタイミング・・・   ... 追いかけて~! 追いかけて~!... >>