万葉びとのこころ模様    ≪   ヌバタマ   ≫



我が家の庭で生まれました~♪

処分された種をいただいて、ポットで育て定植しましたら、
夏に魅力ある笑顔を見せてくれた ヒオウギ(檜扇)

ただ、定植場所がブロック塀の前、背景が気になり撮るのを諦めました。
けれど、この漆黒の深い色は私のこころを捉えて離しません。

あの妖しい魅力の一日花は、秋が深まった今
つややかな光沢を放つ ぬばたま(射干玉) に変身しました。

花の名前も然ることながら、実からほとばしるときめきに似た光
「ぬばたま」 という言葉の響き、すべてが感慨深いです。

古代の人も 「ぬばたまの」 という枕詞で深く豊かなときめきのこころを詠んでいます。

こころ模様は、いにしえの人も文明がすすんだ今を生きる人も、さして変わらないものなのですねぇ。


ぬばたまの黒髪代わり白けても痛き恋には逢ふ時ありけり     沙弥満贅(さみのまんぜい)
居明かして君をば待たむぬばたまのわが黒髪に霜は降るとも   磐姫皇后(いはのひめのおおきさき)



檜扇の花言葉は、 誠実、個性美


(1)
a0140000_2251527.jpg


(2)
a0140000_2252879.jpg


(3)
a0140000_22522768.jpg


(4)
a0140000_22524586.jpg


(5)
a0140000_2253221.jpg


(6)
a0140000_22531710.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-11-17 18:00 | 植物 | Comments(8)
Commented by asitano_kaze at 2013-11-17 20:41
射干玉、種を植えて育て、新たな命がうまれたのですね。
この漆黒の輝き、私も芯から魅せられています。
4,5,6、たまりませんね。
会いに行きたくなりました。
Commented by shizenkaze at 2013-11-17 23:22
この漆黒の誘惑に通り過ぎながらつい振り返ってしまう事も多くありました
近くには見られませんが出先で見れば必ずカメラを向けますね・・・・・

2.3.6の写真いいですね~^^

Commented by hemi-kame2 at 2013-11-18 12:55
黒い艶のある光をたたえてきれいですねぇ。
濡れてるように光る瞳に似てるでしょうか。
5,6枚目、良いですねぇ。
Commented by calmcalmcalm at 2013-11-18 22:04 x
soyokaze-1020 さま
黒い実をつけはじけているとても美しいヒオウギ
美しく輝いていますね
くろのアクセサリーが大好きな私
つけてみたい気がしています
Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-19 09:22
asitano_kazeさん
はい、kazeさんのページで教えて頂いたヌバタマです。
思いがけず手に入り育てました。
自然の中で咲くものとは佇まいが異なりますが、種子の輝きは変わりません。
毎日眺めて小さな幸せを感じています。
4、5、6、有難うございます。
ヌバタマに会いに行ける機会がありますように・・・

Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-19 09:22
shizenkazeさん
花も葉もそして実も、魅力的ですよね。
名前にも惹かれています。
ことに ヌバタマ は『漆黒の誘惑』~!
その通りだと感じています。
2、3、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-19 09:23
hemi-kameさん
詩人のhemi-kameさんは、濡れた瞳を連想されましたか?
物語が生まれそうな表現のお言葉ですねぇ~^^
5、6枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-19 09:23
calmcalmcalmさん
育てながらこの黒い実に会えることを楽しみにしていました。
草花から幸せをもらっています。
このようなアクセサリーはきっと素敵でしょうね。
calmcalmcalmさんは、お洒落な都会的なセンスのお方だと感じています。
コメント、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秋さがし    ≪   渓谷の... しづかに咲く    ≪   ツ... >>