秋の翳り    ≪   ヤマハッカ   ≫



山かげの片隅を薄紫に染める花の群落に出逢いました。

伸ばした細い茎に幾段にも小さなちいさな花をつけています。

ヤマハッカ(山薄荷) は、10月頃まで咲く野の花、
ミントのような香りを放つ ハッカ(薄荷)に姿が似ていて山に生えることが名前の由来だそうです。
ちなみにこの子の香りは透明・・!? 匂いもなければ薬効もないのだとか・・・

けれど、チロチロとさざめく姿に、ハッと胸をつかれます。

山の木々の紅葉は、まだこれからで晩秋にはほど遠いようですが、
地表を撫でる風は、秋の翳りを連れて過ぎて行きます。

秋の翳りはうすむらさき~? そんな気がします。


花言葉は、 思いやり


(1)
a0140000_23211912.jpg


(2)
a0140000_23214763.jpg


(3)
a0140000_23222963.jpg


(4)
a0140000_23224692.jpg


(5)
a0140000_232323.jpg


(6)
a0140000_23231855.jpg


(7)
a0140000_23234320.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-11-01 18:00 | 植物 | Comments(8)
Commented by shizenkaze at 2013-11-01 23:58
綺麗な花ですね~
シソ科の唇形花なので私の好きな花のタイプです~^^
ハッカやミントのように花が輪生していないようですが何となくナギナタコウジュやイヌコウジュのような花にも思えました・・・・・

色もいいですね~♪^^
2.3.4.6の写真いいですね~
Commented by calmcalmcalm at 2013-11-02 10:52 x
soyokaze-1020さま
山薄荷 とても儚げで優しい色のお花ですね
見たことがない様に思います
花言葉 おもいやり っていい言葉ですね
なにかセージのお花にも似ている感じがしますね
Commented by hemi-kame2 at 2013-11-02 11:37
>チロチロとさざめく
面白い不思議な魅力の言葉ですね。
ヤマハッカの細い身を吹き抜ける風のせいでしょうか。
1枚目、まさにチロチロとさざめくところでしょうか。
Commented by deep_breath38 at 2013-11-02 22:37 x
こんばんは。
ヤマハッカ、これだけ咲いてるところは見たことがありません。
上品な紫がいい感じですね~。
シソ科の花はみんなスパイシーなのかと思ったら、そうでもないんですね…。
2.4.6.7枚目が素敵です~(^^)。
Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-03 07:26
shizenkazeさん
今年、初めて知ったお花です。
5mmほどの小さな花ですが、細い茎に段重ねに咲いていますと目をひきますねぇ。
ナギナタコウジュとの出会いはありませんが、似ているのでしょうか?
確かに輪生していなくて、一方向に咲いています。
秋風にうすむらさきを漂わせて美しい光景でした。
2、3、4、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-03 07:26
calmcalmcalmさん
佇まいはセージに似ていますね。
花はとても小さくて群がる色に魅了されました。
街中では出会えない草花を、遠出して森や山裾散策で季節を追っかけています。
花言葉が結びつきますでしょうか?
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-03 07:26
hemi-kameさん
花が小さくて、この群落を眺めますと、チロチロになりました~^^
胸打つ光景に出会いました時の言葉の表現は、いつも悩ましく
なかなか上手く表せません。
もっと勉強しておけばよかった! この歳になって悔やんでいます。
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-11-03 07:26
deep-breath38さん
たまたまタイミングが良かったようです。
今年初めて他所でも出会ったのですが、
群生はしていても終わりかけで絵になりませんでした。
魅力ある色ですよね。
2、4、6、7枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< あの鐘を鳴らすのは・・・   ... リボンフラワーの少女    ≪... >>