里山のちいさな秋   ≪   ミゾソバ   ≫



おだやかな秋の陽がふりそそぐ昼下がりです。
人の気配がない里山の水辺に、星屑をちりばめたような花の群れがあります。

いいえ、この子たちはお星様の子供たち~☆
紅色に頬を染めて、愛らしい笑顔です。

ある子は葉の陰から、又ある子は水面の光に眩しそうに瞬いて、はしゃいでいます。

鮮やかな深い緑のなかに咲くちいさな花は、 ミゾソバ(溝蕎麦) です。
瞬きは、ガラス細工かろう細工をおもわせますねぇ。

里山の小さな秋は、おとぎの国の入り口のようです。


溝蕎麦は水の際より咲きそめし     高浜年尾


花言葉は、 純情、風変わり


(1)
a0140000_3582279.jpg


(2)
a0140000_3584211.jpg


(3)
a0140000_359107.jpg


(4)
a0140000_3593223.jpg


(5)
a0140000_403232.jpg


(6)
a0140000_431166.jpg


(7)
a0140000_434170.jpg


(8)
a0140000_44917.jpg


(9)
a0140000_443090.jpg


(10)
a0140000_452272.jpg


(11)
a0140000_46876.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-10-20 18:00 | 植物 | Comments(6)
Commented by calmcalmcalm at 2013-10-20 21:57 x
soyokaze-1020さま
ミゾソバは可愛いですね
金平糖のお菓子に似ていると思っているのですよ
自然の中にあって
女の子のようで大好きなお花です
Commented by shizenkaze at 2013-10-20 22:25
ミゾソバは花も蕾も可愛いですね~
子供の頃にはこんな感じの器でかき氷を食べたような気がします^^

タデ科の中では私には1.2を争うくらい可愛い花に思えます・・・・・

3.5.6.7.8.9の写真いいですね~
特に7.8の玉ボケがミゾソバを可愛く見せていますね~

『水鏡 映す溝蕎麦 頬染めて      (自然風)』
Commented by soyokaze-1020 at 2013-10-21 08:42
calmcalmcalmさん
金平糖、懐かしいお菓子ですね。
そのように見えるこの花、私も贔屓にしています。
ちいさな水辺ですが、初めてここに咲いていることを知りました。
里山は自然がいっぱい~☆
いつまでも変わらなくあって欲しいと・・・
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-10-21 08:42
shizenkazeさん
かき氷の器、思い出しました。
ガラスの器は魅力がありますね。
ミゾソバの愛らしさに惹かれています。
散歩道では見かけることがなく、里山まで出かけました。
季節が進むごとにお花が少なくなって来ました。
花探しに苦労しています^^;
3、5、6、7、8、9、たくさん有難うございます。
久々のshizenkazeさんの俳句、嬉しく拝見、さすがです。

Commented by hemi-kame2 at 2013-10-21 09:52
花も蕾も桃色なので気を惹きますね。
蕾の楕円形が面白く思っています。
蕾の塊が握りこぶしのように見えたり米粒のように見えたり、でも一番は金平糖でしょうか。
7,8枚目、大胆な玉ボケがきれいです。
Commented by soyokaze-1020 at 2013-10-23 22:44
hemi-kameさん
蕾も花も、この子たちの色はピンクより桃色と表現したくなりますね?
ちいさいのにシッカリと色づいて、眺めますと優しい気持ちになれます~♪
金平糖は幼い頃の甘い思い出の味、その頃のあの甘さが蘇ってきそうです。
7、8枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 格調たかく    ≪   ホト... 風のたわむれ    ≪   マ... >>