秋草の陰で    ≪   セトウチホトトギス   ≫



久々の森歩き
遠くでは小鳥の囀り、サワサワと葉擦れの音・・・
爽やかな空気が心地よく、なだらかな坂道をゆっくり歩きます。

でこぼこの坂道はわりに長く、少々息切れをします。

道の端の斜面は、シダや茅の葉に覆われて、時おりの風にゆるやかな波のうねりを見せています。

その草の中に目を落とし、私はあの子を探します。

この時期に咲く瀬戸内限定の小さな花、
花径3cm足らずの森の中の美人 セトウチホトトギス(瀬戸内杜鵑)

噴水のような冠をつけて、それでも楚々した佇まいで優しく微笑んでくれました。
なんと可憐で美しい花なのでしょう~☆

今年は良い時期だったようで、あちらこちらで見ることでき感激です。



花言葉は、 夢よりも素敵な現実


(1)
a0140000_2225956.jpg


(2)
a0140000_2235091.jpg


(3)
a0140000_224982.jpg


(4)
a0140000_2243888.jpg


(5)
a0140000_225194.jpg


(6)
a0140000_2252463.jpg


(7)
a0140000_2255680.jpg


(8)
a0140000_2264559.jpg


(9)
a0140000_228769.jpg


(10)
a0140000_2285620.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-10-04 18:00 | 植物 | Comments(6)
Commented by shizenkaze at 2013-10-04 23:32
セトウチホトトギスは初見です~
ホトトギスの種類も多いのでなかなか覚えられません・・・・・

それに今年はまだ普通のホトトギスにさえ出逢っていないので何処かで探さなきゃと思っています~
このセトウチホトトギスはシベの部分が膨らんでいて可愛いですね

2.5.7.10の写真いいです~
見ていると今すぐに花に逢いたくなりますね・・・・・^^
Commented by hemi-kame2 at 2013-10-05 10:05
セトウチホトトギスの冠はきれいですねぇ。
漢字で書くと〈杜鵑〉をあてるらしいですが、〈不如帰〉と当てたいです。
“帰るに如かず”故あって都落ちした姫の姿が遷移したなんて空想が湧きます。
2,5枚目、良いですねぇ。
Commented by calmcalmcalm at 2013-10-05 13:05 x
soyokaze-1020さま
セトウチホトトギスは少し背が低いのでしょうか
我が家の庭にもこの色のホトトギス 白花 黄花とありますが
soyokaze-1020様のホトトギスはとてもいい色をしていますね
いま花瓶に入れていますがお部屋に入れてみると
少々地味な感じですね
黄花ジョウロウホトトギスはとてもたくさんのお花をつけるので
今とても楽しみにしているのですよ
Commented by soyokaze-1020 at 2013-10-05 22:28
shizenkazeさん
この花に出逢って3年目になります。
たまたま出かけた森で、案内人の方に教えてもらい、その魅力に惹かれました。
ここでしか見たことがありませんが、この時期の楽しみにしています。
森の中に自生する可憐な花は、言葉がないほど感動を覚えます。
今年はちょうど時期がよかったようで、ワクワクしました^^
2、5、7、10、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-10-05 22:28
hemi-kameさん
噴水のような冠はまだ瑞々しくて、いちばん綺麗な時だったようです。
何しろこの子は、3日間の命だそうです。
都落ちした姫! なるほど、良い喩えですねぇ。
帰りたいのか帰りたくないのか不如帰~!? そんな感じでしょうか?
2、5枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-10-05 22:28
calmcalmcalmさん
茎は30cm~50cmになると、サイトでは出ていましたが、
私が見たものは、15cm足らずです(毎年同じくらいの大きさです)
ですから、腹ばいに近い姿勢でしか撮れません。
お宅に色々なホトトギスがお有りなのですね?
黄花ジョウロウホトトギスは植物園で見たことがあります。
ホトトギスにしては華やかですよね。
アップを楽しみにしています~♪
コメント、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 白のざわめき    ≪   ア... 夢へ漕ぎ出す    ≪   ツ... >>