散歩道に秋のあしおと   ≪   シロバナサクラタデ   ≫


秋の気配を連れて、風が野の草に分け入って通り過ぎます。

揺れる草の間からいち早く花穂を伸ばし、ほころび始めたのはタデ科の花です。

なかでも気品に満ちた清楚な佇まいの シロバナサクラタデ(白花桜蓼) が、一番乗りですね。

優雅で愛らしいピンクのサクラタデに比べると、幾分ちいさな花で良く分枝して野趣的です。

この日は雨上がりですのに、熱を帯びた風のいたずらで、草原は大波小波~!

汗ばみながらのマクロ撮りは、貧血をおこしそうです・・^^

とは云え、去りゆく夏の向こうから、秋のあしおとが微かに聴こえてきます。



花言葉は、 優雅な清楚さ


(1)
a0140000_1154839.jpg


(2)
a0140000_116194.jpg


(3)
a0140000_1165299.jpg


(4)
a0140000_1171411.jpg


(5)
a0140000_1175146.jpg


(6)
a0140000_1181349.jpg


(7)
a0140000_1185172.jpg


(8)
a0140000_120346.jpg


(9)
a0140000_1211157.jpg


(10)
a0140000_1213164.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-09-08 18:00 | 植物 | Comments(8)
Commented by calmcalmcalm at 2013-09-08 19:50 x
soyokaze-1020さま
こんばんは
やはりマクロで撮っておられるのですね
タデは素朴で野趣があって大好きな植物です
7番目と10番目の作品に秋をとても感じています
Commented by shizenkaze at 2013-09-08 21:55
タデ科の花達はどれも可愛くて見れば撮りたくなるのですがどうも上手く撮れません・・・・・><
昨日載せたアイもただ撮っただけって言う感じなので今日のsoyokazeさんが写されたシロバナサクラタデのように小さな花達を一つ一つ大切に撮ってあげたいです・・・・・

ずっと長い間コンデジのマクロ機能を使って写していましたのでデジイチとマクロレンズの組み合わせではどうしても気に入ったものがまだ撮れません・・・・・
手ブレやピントミスが多いです~><

3.5.6.8.9の写真いいですね~♪
Commented by hemi-kame2 at 2013-09-09 09:16
シロバナサクラタデ、小さくて可愛いですねぇ。
シベの趣が良いです、見開いたまつ毛のような美しさです。
3,5,8枚目、こういうの好きです。
Commented by deep_breath38 at 2013-09-09 22:20 x
こんばんは。
普通のサクラタデもカワイイですが、白花は本当に清楚なイメージですね。
シベの先がピンクなのがなおさら可愛らしい…(*^^*)。
4,5,8,9枚目が素晴らしいですね~(^^)。
Commented by soyokaze-1020 at 2013-09-09 22:36
calmcalmcalmさん
野に咲く草花に魅せられて、マクロレンズを一本だけ手に入れました。
上手く使いこなせなく、最近は使用することが少なくなりました。
これからの時期、タデ科の花が散歩道を彩りますので、
マクロ撮りの修行回数が多くなるかも~?
7、10枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-09-09 22:36
shizenkazeさん
小さな花の接写写真、shizenkazeさんの絵はとても魅力があります。
気にいらないなどと、ご自分に厳しすぎますねぇ。
私は、マクロに限らずミスだらけ~^^;
撮りますのも気を取り直しますのも、時間が掛かります・・・^^
3、5、6、8、9、たくさん、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-09-09 22:36
hemi-kameさん
この花は、マクロで覗きますと魅力たっぷりで好きな花です。
裸眼では何でもない道端の雑草なのですが・・・
ただ、切り取り方が難しく、もっと感性を磨かねばと、反省ばかりです。
3、5、8枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-09-09 22:37
deep_breath38さん
ピンクのサクラタデの優雅さには負けますが、野性的な魅力がありますね。
シベの先のピンクはレンズを覗かないと気がつかないほどです。
4、5、8、9枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雨に咲く花    ≪   ツユ... 涼風にさそわれて    ≪  ... >>