秋へのいざない    ≪   クズ   ≫


散歩道の山際に垂れ下がった蔓は、かすかな風にも身をまかせ、ゆら~り・・・

まだ熱気をまとった風ですが、揺れる大きな葉の陰から顔を出した花
少し妖しげな笑みを浮かべた クズ(葛) の花です。

下から咲きあがる花穂は、咲ききらない内に傷んだものが多く、この夏の殺人的な熱波を耐え忍んだ名残なのでしょう。

周りの樹や岩に絡み這い登り、または虚空まで掴もうとして蔓を伸ばし
逞しい生命力~!

葉っぱも大きく風で裏返ると白みを帯び、 ウラミグサ(裏見草) の別名があるほど・・・

風が強い日、葛で覆われた山道を走りますと、葛の葉がいっせいに裏返って斜面が銀色に輝き、壮観な眺めです。

この花が咲きますと、なんと云われようが  もう秋なのですね!



葛の花むかしの恋は山河越え      鷹羽狩行

風の道ひろがりながらクズの葉をしろがねいろに山渡りゆく  鳥海昭子 




花言葉は、 恋の溜め息、芯の強さ


(1)
a0140000_727842.jpg


(2)
a0140000_7273528.jpg


(3)
a0140000_7275394.jpg


(4)
a0140000_7281621.jpg


(5)
a0140000_7283388.jpg


(6)
a0140000_7285127.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-09-02 18:00 | 植物 | Comments(6)
Commented by shizenkaze at 2013-09-02 23:05
今年の暑さの影響なのか長良川の河川敷に見られるクズの花が今年はまだひとつも見られませんでした・・・・・
相変わらず葉だけは蔓延って他の木々達を覆い隠すくらいになっています・・・・・

クズの花もマメ科特有の蝶形花なので好きですが他の花達と比べると可愛らしさじゃなく何となく妖艶で見ている私を誘惑するように思えます

3.4.5の写真いいですね~^^
6の花の数は凄いですね・・・・・なかなかこんな光景は見られないです~^^

Commented by calmcalmcalm at 2013-09-02 23:35 x
soyokaze-1020さま
昨夜の風雨にたたきつけられたのか
出勤途中の道で とてもたくさんの葛の花が散り落ちていました
うつくしいいろでしたよ
Commented by hemi-kame2 at 2013-09-03 09:50
>または虚空まで掴もうとして蔓を伸ばし
良い表現です、気に入りました。
掴めないかもしれないが何かを掴もうとまさに虚空に蔓を伸ばし逞しく生きていく植物なのですね。
1枚目、良いですね。
Commented by soyokaze-1020 at 2013-09-03 22:42
shizenkazeさん
長良川河川敷のクズたちは、どうしたのでしょう?
樹木に絡んだものよりも、地熱の熱さが凄まじくて耐えるのに懸命なのかも・・?
逞しい子たちですから、涼風が吹く頃になればきっと笑顔が見られると思います。
6は散歩道の山際の崖を這い登って蔓延っている子たちです。
かなり急斜面で、散歩している人たちも見上げないと気がつかないようです。
3、4、5、いつも励まして下さり有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-09-03 22:42
calmcalmcalmさん
こちらもここのところず~っと雨です。
それも警報が出るくらいの激しさで散歩もできません。
お勤めされていらっしゃるのですね?
お天気が悪いとご苦労が多いことと存じます。
葛の花の色は鮮やか過ぎずに落ち着いた紅色が妖艶に感じます。
いつもコメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-09-03 22:43
hemi-kameさん
蔓性の植物は自由気ままな生き方に魅力を感じています。
伸ばした蔓の先に物語が潜んでいるようで、想像が膨らみます。
垂れ下がった雰囲気も好きなのですが、絵にするものを探すのに苦労します。
1枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夏の愁いからさめて    ≪ ... 晩夏をしらせる    ≪   ... >>