色あざやかに    ≪   ニッコウキスゲ   ≫



高原を彩るあざやかなオレンジ色の群落です。

園の中でもかなりの規模を占めるフィールドは、黄色い絨毯を敷き詰めたように彩られています。

ニッコウキスゲ(日光黄菅) は、朝ひらいて夕には萎む一日花・・・
柵で囲まれたこのフィールドの中で、毎朝夕、華やかな花の競演が繰り広げられているのですね。

遠い昔、友人たちと旅をして、霧が峰で初めて出会った花
高原の中に一輪だけ咲いていたあの光景が、あざやかに甦ります。

それにしても、柵越しのご対面となりますと、彼女たちの声が聴き取りにくく口惜しいものです。


花言葉は、 日々あらたに、心やすらぐ人


(1)
a0140000_22502622.jpg


(2)
a0140000_22503098.jpg


(3)
a0140000_22512187.jpg


(4)
a0140000_2251151.jpg


(5)
a0140000_2252271.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-06-21 18:00 | 植物 | Comments(8)
Commented by asitano_kaze at 2013-06-21 21:23
たくさん咲いていますねぇ。
この手の色は思うように出てくれず、いつも難儀しています。
こちらでも、畑やそこらの庭などでみられますが、この花は高原などの広々としたところで群生しているのがいちばん魅力的ですね。
3,4,5,どれもすてきな色がでていますね。
2,とくに好みです。
Commented by deep_breath38 at 2013-06-21 21:38 x
こんばんは。
ニッコウキスゲって、カンゾウなど同じ仲間の花の中でも一段とすっきりして上品に見えますよね~。
あるところで見かけたのですが、今年は早かったみたいでほぼ終わりかけで残念~。
2,3,5枚目が素敵です~(^^)。
Commented by shizenkaze at 2013-06-21 23:17
綺麗ですね~
標高が高い所にある植物園なのでしょうか?
こちらではまず見られないです(郡上市や高山市まで出掛ければ見られると思いますが・・・・・)
同じような花のノカンゾウやヤブカンゾウなら見られますがニッコウキスゲとは違いますからね・・・・・・><

別名の『禅庭花』のように禅寺の庭園等に咲いていると似合いそうですね~^^
どの写真もいいですね・・・・・
こんな風景の中をのんびりと散策したいです~♪^^
Commented by hemi-kame2 at 2013-06-22 09:07
ニッコウキスゲは高原の花、草原の花ですね。
霧の中のニッコウキスゲは幻想的で好きです。
他のカンゾウ類と比べると花ビラの大きさがちょうど良いのでしょうか、シンプルな美しさを感じます。
4,5枚目、良い絵です。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-06-23 22:07
asitano_kazeさん
この花のフィールドは園の中でもかなりの広さをとっています。
朝の瑞々しさに欠けますが、一面の黄色が目立ちカメラを向けて見ました。
黄色や白花はいつも納得できずに心残りの絵の掲載です。
(少しでも前へ・・・!)日々自分に言いきかせています。
3、4、5、と、2、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-06-23 22:07
deep_breath38さん
ノカンゾウなどは野の川の縁など自然のものに出会うことがあります。
植物園のお花は、何となくお行儀良く見えてしまいます。
ニッコウキスゲは一日で花が終わりますが、次々に咲きますので花期は長いようです。
規模によるのでしょうが・・?
又、出会えると思います。
2、3、5枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-06-23 22:08
shizenkazeさん
ここは標高900m弱の植物園です。
高山のお花を中心に展示しているこじんまりした所ですので、
年に何回か訪れて勉強しています。
ただ、車で2時間弱、私の場合、車の都合がつかなければ行くことが叶いません。
その時の出逢いを大切にと・・・。 思い通りにはなりませんが・・・
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-06-23 22:08
hemi-kameさん
はい、霧が峰で出会ったのは、およそ40年も前のことです^^
霧の中ではなく、晴天でしたが風が爽やかで緑の草原に一輪だけ~!
不思議に、その時の風の感触もまた、光景も色鮮やかに思い返されます。
一期一会の大切さを感じます。
4、5枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 純白の魅惑    ≪   オオ... 憧れの山に思いを馳せて    ... >>