何を待っているのやら~?    ≪   ムラサキケマン   ≫


桜の花が散る頃、散歩道や湿り気のある山道で咲き始めるこの花、
2度3度とカメラを向けてきました。

ジロボウエンゴサクやヤマエンゴサクの可憐さより少し毒々しく思え、
何となく満足できない絵にしか撮れなくて、今年は諦めていました。

けれど、もっとも身近なのはこの子です。

散歩道ではすっかり終わってしまった ムラサキケマン(紫華鬘)
ここでは背丈が伸びてはいるものの、まだ瑞々しい花が見られます。

一本の茎から好き勝手な方向に、思いっきり首をのばして、お顔を真っ赤に染めて~!
何を待っているのでしょうねぇ?
その姿は健気でもあり、滑稽にも見えます。

初夏の陽射しは、そんな子たちの命の輝きを包み込むように優しく照らしています。


花言葉は、 あなたの助けになる、喜び


(1)
a0140000_23152923.jpg


(2)
a0140000_23562734.jpg


(3)
a0140000_23572841.jpg


(4)
a0140000_23584192.jpg


(5)
a0140000_2359019.jpg


(6)
a0140000_23591254.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-05-20 18:00 | 植物 | Comments(10)
Commented by calmcalmcalm at 2013-05-20 21:47 x
soyokaze-1020さま
このお花 棚田の里に咲いているのを見ました
可愛いなぁと思っていたのですよ
陽ざしを受けて今を楽しんでいるように・・・・
素適な撮り方ですね
Commented by asitano_kaze at 2013-05-20 22:42
この時期にこんなきれいなムラサキケマンが見られるとは幸運な出会いですね。
今季はたまたま私もいい状態で会えました。
けれど、いつもの年はくたびれたムラサキケマンが多く、傷みやすい花という印象がつよいです。
1,2,4,いいですねぇ。
Commented by shizenkaze at 2013-05-20 23:09
同じような花をつけるエンゴサクとケマンですがsoyokazeさんの書かれたようにムラサキケマンの方が毒々しいと言うか妖艶と言うか場末の芸者さんって感じがしますね・・・・・

時期が少しずれるだけですぐに傷んでしまうので本当はデリケートな植物なんでしょうね・・・・・^^

1~6まで全部綺麗に撮られていますね・・・・
私が写したものが気に入らなかったのでより綺麗に見えました~♪^^
Commented by m-kotsubu at 2013-05-21 00:47
こんばんは♪
一度、ムラサキケマンの群生に出会ったことがあります。
素敵でした。
光が綺麗ですね~^^
Commented by hemi-kame2 at 2013-05-21 05:57
ムラサキケマン、どぎつい感じはゆがめないですね。
しかし説明文を読んでるうち、紫の部分が少し赤すぎる田舎娘のほっぺのようにも思えてきました。
そう、娘たちがよりそっておしゃべりしてるのでしょうか。
2枚目が好きです。
Commented by soyokaze-1020 at 2013-05-21 22:10
calmcalmcalmさん
この花は道端や藪の中、何処で見られる雑草ですね。
散歩道で、また森歩きで何度も挑戦したのですが
思う絵にならず、今季は諦めていました。
たまたま光の中に舞う子たちに出会いました。
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-05-21 22:10
asitano_kazeさん
夏でも涼しい植物園の中です。
kazeさんの絵のように群生ではありませんが、
背が高くなってはいるものの、色も鮮やかで瑞々しい子たちの舞いに出会えました。
斜面でしたので、見上げての絵ばかりになりました。
1、2、4、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-05-21 22:11
shizenkazeさん
全草が有毒だそうですね。
ウスバシロチョウの幼虫の食草で、そのチョウも有毒だとか?
毒々しい佇まいは、そんなところから来ているのでしょうか?
見方によれば、可憐なお花にも見えますが・・・。
毎年、出会えば撮っていますけれど・・・
1~6まで、気に入っていただき有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-05-21 22:11
m-kotsubuさん
この子たちの群生は経験がありません。
素敵でしょうね。
青いケシの咲く植物園で涼しい斜面に咲いていました。
ちょうど光が射した所を通りかかって、ラッキーでした。
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-05-21 22:13
hemi-kameさん
毒々しさは、色から来るのでしょうかねぇ。
散歩道のこの子たちは、ひなびた紫のお顔していましたが、
ここの子たちは陽射しを浴びて真っ赤なほっぺで、目を惹きました。
その顔が何かを待ち望んでいるように思えました。
精一杯、首を伸ばしていたものですから・・・
2枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 初夏のかおり    ≪   テ... 天井の妖精    ≪   ヒマ... >>