命を燃やして    ≪   カタクリ   ≫



山や野辺に一気に春がおしよせて来ました。

その波に背中を押されて、カタクリ(片栗)に、逢いに行ってみました。
かなり前から皆さんが既にアップされていましたので、もしかしたら遅いのでは・・?
案じながら・・・

陽射しのない午前中は気温も上がらず、花はまだ眠りの中です。
けれど、去年と変わらず、栗林の斜面に群落をつくっていました。

薄い雲の隙間から時々陽が射すお昼近く
しずかに笑みを浮かべながら眠り姫が目を覚まし始めました。
優しい可憐な姿です。

やがて・・・

6枚の花びらを後ろにそらせ、勢いよくシベを前に突き出して、俯いてはいますけれど
抑えきれない情念の炎を燃えあがらせ、揺らめきます。

小さな可憐な花の、命を燃やす姿です。



もののふの 八十娘子らが 汲みまがふ 寺井の上の かたかごのはな    大伴家持
(もののふのやそおとめらがくみまごう てらいのうえのかたかごのはな)

※ 清水を汲みに集まる乙女たちの笑い声とその乙女たちを象徴するように咲いているカタクリ
   そんな華やいだ情景




花言葉は、 初恋、嫉妬、寂しさに耐える


(1)
a0140000_011781.jpg


(2)
a0140000_0112790.jpg


(3)
a0140000_0114950.jpg


(4)
a0140000_0125087.jpg


(5)
a0140000_0131148.jpg


(6)
a0140000_0133726.jpg


(7)
a0140000_014986.jpg


(8)
a0140000_0145575.jpg


(9)
a0140000_0175342.jpg


(10)
a0140000_018511.jpg


(11)
a0140000_0192479.jpg


(12)
a0140000_0195287.jpg


(13)
a0140000_0201540.jpg


(14)
a0140000_0204948.jpg


(15)
a0140000_022773.jpg


(16)
a0140000_0223557.jpg


(17)
a0140000_0225535.jpg


(18)
a0140000_023156.jpg

by soyokaze-1020 | 2013-04-02 18:00 | 山野草 | Comments(10)
Commented by shizenkaze at 2013-04-02 22:51
カタクリに逢いに出掛けられたのですね~^^
蕾も可愛いですがやっばり花弁を逸らしている花の姿がステキですね

13の色が濃いカタクリも咲いていましたね~
普通の色の花に挟まれて咲いている色違いのカタクリを見ていたら何処かで見たようだったので思わずニッコリしました~(笑)

花弁の花模様も葉の模様も可愛く見えるので気に入っています・・・^^
6.8.9.10.13.15の写真いいですね~^^
ここにはショウジョウバカマは咲いていませんでしたか?
Commented by hemi-kame2 at 2013-04-03 11:03
そうですね、カタクリは陽が出ると燃えるんですね。
花びらの反らした姿は風を切りまっすぐ突き進んでくるようにも見えますね。
本物を見た後、眼を閉じて花姿を思い描きたい花です。
Commented by m-kotsubu at 2013-04-03 21:29
こんばんは♪
カタクリの花は、咲くのに6,7年はかかるのだそうです。
最初の1年は1センチほどの葉しかなく、
その葉で光合成をしながら やっと7年目に花を咲かせる。
そう思うと愛しくなりますね。^^
Commented by soyokaze-1020 at 2013-04-03 21:39
shizenkazeさん
はい、どういう訳か花散歩に気乗りがしない昨今ですが
この時期にしか会えないものですから・・・!
お天気が心配でしたが、暫らく待ちますと目を覚ましてくれました。
色も様々ですねぇ。
珍しい白の子も見られました。
ショウジョウバカマは、標高700mの山まで行きませんと出会えません。
行けるといいのですが・・・
6、8、9、10、13、15、気に入っていただき有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-04-03 21:40
hemi-kameさん
眠りからさめる瞬間まで、時間を追って観ることができました。
春の妖精は繊細な子たちが多いです。
そのような姿が魅力なのですが・・・
カタクリの花は、一華などと違った独特の姿ですので、印象も深くなりますね。
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-04-03 21:44
m-kotsubuさん
春の妖精と言われる花は、どれも長い年月をかけて
やっと花開きます。
ここでも栗林の持ち主の方が、草刈をしたり柵を作ったりして
この子たちを保護することに努めていらっしゃいます。
お世話される方にも感謝ですね。
コメント、有難うございます。

Commented by calmcalmcalm at 2013-04-03 22:10 x
soyokaze-1020 さま
可愛く 優しい色合いのカタクリのお花
自然の中で このように咲いているのを見てみたいです
写真を撮るのが楽しかったことでしょうね
とても素敵です
Commented by ふくやぎ at 2013-04-03 22:37 x
ちょっと優しげで、儚い美しさがありますね。
こちらでも咲いているはずなのですが~
Commented by soyokaze-1020 at 2013-04-04 21:43
calmcalmcalmさん
栗林の持ち主さんが自生してきたカタクリを保護されて
季節になりましたら、公開してくださいます。
この時期の楽しみとして、3年ほど通っています。
あれこれ撮りすぎたものですから、つい、沢山貼ってしまいました^^;
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2013-04-04 21:43
ふくやぎさん
長い年月をかけて、やっと咲きましても短い命のお花です。
優しげで儚さを感じさせるのはそんな所からくるのかも・・・?
そちらのカタクリ花、ふくやぎさんの芸術的な絵で見せ頂きたいです。
コメント、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雨に咲く花    ≪   ハナ... 春霞のなかへ    ≪   ネ... >>