まもられながら・・・    ≪   ノジギク   ≫


標高700mの小高い丘です。

細い急な坂道を登るのは堪えますけれど、息を切らしながらも、今年もこの丘を訪れました。

甘い香りと可憐な花の群生のあの魅惑的な景色に身を委ねたくて・・・!?

夏の猛暑で雪が積もったような群生は、かなりのダメージを受けていましたが、
保護活動をされている方々のご苦労もあり、丘の上では健在な所も何箇所かあります。

ノジギク(野路菊)は、西日本の海岸沿いに自生する 家菊・小菊 の原種です。

環境の変化で自生が難しくなり、地域の方々が手厚い保護をしながら 『野路菊の里』 として守っています。

吹き上げる風が強い日でしたが、多くの人々が癒しを求めて、訪れていました。

香りが高く気品ある姿が潮風に揺れて、人々を、そしてこの地域を潤します。



花はみな 四方に贈りて 菊日和      宮沢賢治


花言葉は、 真実、忘れられぬ人


(1)
a0140000_2391973.jpg


(2)
a0140000_2393161.jpg


(3)
a0140000_239518.jpg


(4)
a0140000_2401239.jpg


(5)
a0140000_2403038.jpg


(6)
a0140000_2405449.jpg


(7)
a0140000_2411492.jpg


(8)
a0140000_2413130.jpg


(9)
a0140000_2414896.jpg


(10)
a0140000_2421454.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-11-28 18:00 | 風景 | Comments(12)
Commented by shizenkaze at 2012-11-28 22:46
野路菊は保護されているのですね・・・・・
大切にされて綺麗に咲き続ける花達がこれからもずっと未来まで咲き続けて欲しいですね~

野路菊が河川敷に咲いていてもきっと分からないでしょうね・・・・・
葉の形や花の姿が微妙に違う多くの野菊達の区別がハッキリと分からなくてよく迷わされます・・・・・><

1.2.4.5.9の写真いいですね~
10の写真を見ると高いところに咲いていることが良く分かりました
ここまで登るのは大変でしたね・・・・・
お疲れ様でした^^
Commented by m-kotsubu at 2012-11-28 23:04
こんばんは♪
人の手によって造られた菊は苦手なのですが
野菊は可憐で好きです。
種類が多すぎて、区別がつきませんが…^^;
野路菊、素敵な名前ですね。
2,4,7 いいですね~^^
Commented by hemi-kame at 2012-11-29 09:56
清々とした香りが漂っているようです。
菊の香りは鼻孔を清らかにしてくれる匂いですね。
ラスト、良いですねぇ。
Commented by nonohana28 at 2012-11-29 16:02
soyokazeさん こんにちは。
のじぎくの花は私の住む兵庫県の花です!
昭和29年選定されたそうです。
一枚目の群生に咲く白いのじぎくの花・・・・いいですね。
嬉しくなりました。
Commented by asitano_kaze at 2012-11-29 17:49
自生種は減っているのですね。
環境保護とそれに携わる人たちによって守られているのですね。
トップ、丘の上に咲く花々の姿、いいですねぇ。
3,4,9,好きな絵です。
ラスト、なるほどたくさん咲いていますね。
Commented by deep_breath38 at 2012-11-29 23:51 x
こんばんは。
ノジギクいいですね~。
これだけ自生してるところは、さすがに見たことがありません。
当たり前にあったものが、保護しないと残せないというのは残念ですが、守ろうとしている人たちがいるのは心強いですね。
1,5,7,9枚目が好きです~(^^)。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-30 22:46
shizenkazeさん
開発などの環境変化で自生が難しくなったようです。
日本固有の美しい野菊で、その昔、ここは国内有数の群生地だったそうです。
野菊の区別は、実際のところ私も判らないのですけれど・・・^^
1、2、4、5、9、有難うございます。
10、はい、此処まで来るには落ち葉の絨毯が敷き詰められた狭い山道、
息切れして休み休み状態で辿り着きました^^;

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-30 22:47
m-kotsubuさん
私も同じです。
名前が判らないまま、野菊で済ませています。
「野路菊」は、植物分類学の父、牧野富三郎博士により、つけられた名前だとか・・?
素敵な名前ですね。
2、4、7、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-30 22:47
hemi-kameさん
丘全体に良い香りが漂っていました。
甘すぎず、強くもなく、気分も爽やかになりましたね。
ラスト、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-30 22:47
nonohana28さん
そうですね。 県花ですね。
ここに来るまでの車窓からは、道端や道路際の崖など、自生のノジギクの花が結構見られたのですが、
大正時代の頃は、雪が積もったように真っ白く、地域全体を覆っていたと聴きました。
一枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-30 22:47
asitano_kazeさん
昔の姿を取り戻そうと、小中学生や自治会、また、保存会の方々が
植栽や手入れなどされて、保護活動を行っているとのことです。
トップ、3、4、9、有難うございます。
ラスト、去年はもっと見事だったのですが、今年のあの猛暑はいろんな所に影響が出ていますね。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-30 22:47
deep_breath38さん
西南日本の海岸の斜面に自生するお花だそうですから、
植物園や花壇などで見るものとは雰囲気が違うかもしれませんね?
保護しないと絶滅の危機があると地域の方々が立ち上がったのでしょうね。
残しておきたい晩秋の風景のひとつとして・・?
1、5、7、9枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 溜め池にて    ≪   ヒド... 人恋いの色    ≪   ムラ... >>