人恋いの色    ≪   ムラサキシキブ   ≫

秋から冬へのこの時期、森の中は赤い木の実が彩りを添えています。

そんな中、静かな佇まいで微笑んでいるのは、葉の陰で密やかな色を放つ小さな実・・・

ムラサキシキブ(紫式部)です。

陽が射さない斜面に2mの高さに無造作に伸びた枝の先で、触れればこぼれ落ちそうな玉を結んでいます。

庭園で見る コムラサキ(小紫)の健康的な行儀良さに比べますと、何とも儚さ漂う姿・・・!
薄暗い光の中ではいっそう沈みがちの麗人に見えますね。



実むらさき 人恋いの色 濃くしたる    加藤三七子



花言葉は、 愛され上手、聡明


(1)
a0140000_1115352.jpg


(2)
a0140000_1121430.jpg


(3)
a0140000_112262.jpg


(4)
a0140000_112458.jpg


(5)
a0140000_1125883.jpg


(6)
a0140000_1131765.jpg


(7)
a0140000_1133046.jpg


(8)
a0140000_11346100.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-11-26 18:00 | 植物 | Comments(12)
Commented by m-kotsubu at 2012-11-26 22:17
こんばんは♪
ムラサキシキブのこの色、綺麗ですよね。
整然と並んだコムラサキに比べると
ムラサキシキブは粗野で、味わいがある気がします。
2,5,8 いいですね~^^
Commented by ふくやぎ at 2012-11-26 22:24 x
鳥には、赤とか紫とか分かるのでしょうか。。
どうして紫になったの?  って聞きたくなります(笑)
Commented by shizenkaze at 2012-11-26 22:35
ムラサキシキブの実を見ていると酸いも甘いも知り尽くした妖艶な女性のように思えます・・・・・
その点コムラサキはまだまだ修行の足りない娘さんって感じがします
野生のムラサキシキブを品種改良したものがコムラサキのようなので元祖って言う雰囲気を持っていますね~

トップのハイキーな写真に『ドキッ』として2と5の写真で深い溜息をつきました・・・・・
全部素敵ですね・・・・・♪^^

Commented by deep_breath38 at 2012-11-26 23:19 x
こんばんは。
ムラサキシキブの実って、コムラサキより小粒なのが面白いですよね。
コムラサキの実はチューインガムみたいにふっくらしてますが、ムラサキシキブは色も濃くてまさに本家という感じです。
3,4,6,7枚目がいいですね~(^^)。
Commented by hemi-kame at 2012-11-27 11:41
コムラサキに比べると野趣を感じます。
本家本元のムラサキシキブの実の色はより自然に見えます。
1枚目、良い絵です。
Commented by asitano_kaze at 2012-11-27 17:25
はい、まさに沈みがちな麗人です。
なるように身を任せ、なりふりかまわぬ野趣あふれるムラサキシキブ。
コムラサキとはひと味もふた味もちがいますね。
トップ、グリーンの明るい葉がとても美しいです。
そこに散らばった宝石のきらめき、すてきです。
4,5の葉、これまた魅せてくれますね。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-27 23:28
m-kotsubuさん
コムラサキの整った姿よりも、実の大きさもつき方もバラバラなところが良いですね。
葉の陰で目立ちませんけれど、出会えれば嬉しくて存在感があります。
2、5、8、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-27 23:28
ふくやぎさん
詳しくは知らないのですが、鳥の視覚は人間様より優れているそうです。
同じ場所でも、人よりはるかにカラフルな世界のようですよ。
ムラサキシキブは紫好みの鳥さんを呼びたいのでしょうか?
自分で動くことができませんもの? 
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-27 23:29
shizenkazeさん
それぞれの実の喩え、私もそのように感じます。
ムラサキシキブは妖艶な中にも哀愁を帯びているようにも・・?
この場所は光がなくて撮りづらく、満足な絵になりませんでした。
トップ、2、5、そして温かいコメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-27 23:29
deep_breath38さん
小粒であることは認識していましたが
あまりに小さくて、陽当たりが悪いからなのかな? と思うほどでした。
庭園のコムラサキは艶々して栄養満点ですもの?
どちらもそれなりの魅力はありますね。
3、4、6、7枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-27 23:29
hemi-kameさん
はい、自然の中で見つけると感動もしますね。
そして、より一層、愛おしさが増してきます。
1枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-27 23:30
asitano_kazeさん
なるように身を任せて、幸せなはずですのに
哀愁を感じますのは、見る者の心のありようでしょうねぇ。
この京紫の色にも魅了されます。
トップ、4、5、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< まもられながら・・・    ≪... 悠久の流れ    ≪   渓谷... >>