しとやかな華やぎ    ≪   ジュウガツザクラ   ≫


山あいの奥まった所の由緒あるお寺です。

鳥の声と風のざわめきだけの、ひっそりした境内の一本の桜の木に花が咲きました。
白い花は小さくて、まばらに枝に粧う姿は細雪のようです。

お寺の方は ジュウガツザクラ(十月桜) だと言われます。

ジュウガツザクラはマメザクラとコヒガンザクラの雑種で、八重咲きだと記憶していました。
近づきますと、それらしき八重もありますが一重の花びらのものが多いのですよね?

もしかしたら フユザクラ(冬桜)?
区別は判りませんが、色づいた木の葉を背景に、しとやかな華やぎを見せています。

桜と紅葉~♪
この時期ならではの共演ですねぇ~!

お寺の屋根に降り積もる細雪・・・
幻想的な光景です。

花言葉は、 純潔、秘めた想い


(1)
a0140000_22151591.jpg


(2)
a0140000_22185516.jpg


(3)
a0140000_22191423.jpg


(4)
a0140000_22193814.jpg


(5)
a0140000_22205591.jpg


(6)
a0140000_22213185.jpg


(7)
a0140000_22213822.jpg


(8)
a0140000_22221428.jpg


(9)
a0140000_2223892.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-11-19 22:26 | 花木 | Comments(9)
Commented by m-kotsubu at 2012-11-19 23:56
こんばんは♪
ジュウガツザクラ、少し寂しげで春の桜とはまた違う美しさがありますね。
紅葉とジュウガツザクラ、美しい組み合わせです。
2,3,7 素敵ですね~^^
Commented by hemi-kame at 2012-11-20 09:35
ジュウガツザクラ、花の付きがまばらな処がか弱く美しい感じがします。
またまばらに咲くことでこれからの冬を暗示してるようにも見えます。
トップとラスト、良い風情です。
Commented by nonohana28 at 2012-11-20 21:23
こんばんは~♪
何とも美しいですね。
雪のように見えたのは私だけでは・・・・ないようで
細雪とはね・・・・・・その表現がぴったりです。
春の桜のような派手さはないけれど慎ましく咲く花に何故か心が惹かれますね。
紅葉とジュウガツザクラのコラボ素敵ですね。
6、7、9 のお写真がいいなぁ・・・・と思いました。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-20 22:07
m-kotsubuさん
春の桜はうららかで明るく、この時期のものは寂しげで淑やかに見えますね。
紅葉と桜!数年前までは知らなかった光景です~^^
2、3、7、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-20 22:07
hemi-kameさん
おそらく、満開でもこの状態だと思います。
春になるまでポツポツと咲き、春には花の大きさは小さくても密生するようです。
今の季節に相応しい咲き方ですねぇ。
トップ、ラスト、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-20 22:08
nonohana28さん
一本だけの桜をどのように撮ったらよいのか思案しました。
高い木は見上げますので、シルエットになったり、空抜けしたり・・・?
遠くから見ますと 雪のように見えました~^^
古い静かなお寺の桜と紅葉・・・ちょっと素敵な光景でした。
6、7、9、有難うございます。

Commented by shizenkaze at 2012-11-20 23:00
春意外に咲く桜を見ていると綺麗だと思う反面少し可哀想にも思えます・・・・・
私の知っている造園業の人が『春咲き以外の花は改良されて作られたものばかりなので春以外に咲くと木々にストレスが出る』と教えてくれました
だから咲いているものを見たら心から『綺麗だよ』って称えてあげることにしています~^^
3.6.7.8.9の写真いいですね~
Commented by soyokaze-1020 at 2012-11-22 13:12
shizenkazeさん
春の花は華やかで明るく、この時期のものはやはり寂しげですよね。
この花に限らず、返り花などを見ましても、そのように感じます。
人の道でも、同じようなものかと・・?
3、6、7、8、9、有難うございます。

Commented at 2012-11-23 17:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 初冬をしらせる    ≪   ... 晩秋の風の中で    ≪   ... >>