秋へのいざない    ≪   ツリガネニンジン   ≫


風がすこし涼しくなりました。

里山の土手などから幽かに鐘の音が聴こえてきます。

この子たちが咲きはじめますと、愈々秋の入り口ですね。
ツリガネニンジン(釣鐘人参) は、秋へいざなう役目を負っているようです。


(略)
さうしてどうだ
風が吹くと 風が吹くと
斜面になったいちめんの釣鐘草(ブリューベル)の花に
かがやかに かがやかに
またうつくしく露がきらめき
わたくしもどこかへ行ってしまひさうになる……
(略)                        
                          宮沢賢治 詩「山の晨明に関する童話風の構想」



まだ残暑を引きずっている私も、ツリガネニンジンにいざなわれて、
秋への街道をトボトボ・・・

どこかへ行ってしまいたい・・・     衝動に駆られます。



花言葉は、 詩的な愛、優しい愛情


(1)
a0140000_23155910.jpg


(2)
a0140000_23163147.jpg


(3)
a0140000_23164835.jpg


(4)
a0140000_23171057.jpg


(5)
a0140000_2318753.jpg


(6)
a0140000_23182759.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-09-27 18:00 | 心の庭 | Comments(6)
Commented by m-kotsubu at 2012-09-27 22:00
こんばんは♪
ひっそりとした風情のツリガネニンジン、
可愛い鈴の音が聞こえてきそうです。
山で出会うと とても愛らしい花です。
2,4 いいですね~^^
Commented by shizenkaze at 2012-09-27 22:37
ツリガネニンジンは達目洞にも咲いていましたがあまり綺麗ではなくて写すだけ写しましたが載せるのを躊躇っています・・・・・

花の中から下がっているシベがベルのクラッパーのように見えて本当に揺れると音が聞こえるみたいに思えますね・・・・・^^
2.3.5.6の写真いいですね~^^

また出掛けてみて咲いていたら写したいです・・・・・♪
Commented by hemi-kame at 2012-09-28 08:55
塔のようなツリガネニンジン、風が吹くと小さな釣鐘が揺れますね。
蜂が入っても揺れますね。
野原に塔のように立って聞こえない鈴を鳴らしているのでしょうか。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-10-03 12:57
m-kotsubuさん
小さなお花ですのに野では存在感がありますね。
どうしても鐘の音を連想してしまうお花です。
2、4、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-10-03 12:57
shizenkazeさん
野に咲く花はタイミングが難しいです。
私も何度も残念な思いをしています。
この日はまだ残暑が厳しかったのですが、この子に出会えると秋の到来を感じます。
2、3、5、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-10-03 12:57
hemi-kameさん
野原に塔のように・・!
本当にそのような佇まいですね。
揺れる姿は好ましいのですが、撮りにくい!
聴き取れない鈴の音を感じますね?
コメント、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 森公園の小さな美人    ≪ ... 心に落ちた涙色    ≪   ... >>