幼子の泣き笑い    ≪   フシグロセンノウ   ≫

こ1時間の夕立がやんだ園内を、又、散策です。

木立の下の草むらに、一際鮮やかな朱色の子がこちらを見ています。

雨に濡れたその顔は小刻みに揺れて・・・。
夕立の後は、そよりと風が吹いています。

あちらでは寄り添って雨を凌いだのでしょうか?
遠く奥のほうでは独りぼっちの子も・・・。

鮮やか過ぎるこの子たちに初めて出会った時は、園芸種の花であろうと、思っていました。
フシグロセンノウ(節黒仙翁)は、ナデシコ科の半日陰を好む山野草なのですね。

とりわけ華やかな色のこの子たちは、草むらの寝床ではしゃいでいたでしょうに、
突然の強い夕立に・・・
どの子も泣き笑いの表情でした。


花言葉は、 転職、転機


(1)
a0140000_184897.jpg


(2)
a0140000_1845894.jpg


(3)
a0140000_1844963.jpg


(4)
a0140000_1853625.jpg


(5)
a0140000_185277.jpg


(6)
a0140000_1861133.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-08-11 18:07 | 植物 | Comments(8)
Commented by asitano_kaze at 2012-08-11 20:51
そうそう、この花の名前がどうしても思い出せないまま、今日ブログアップしてしまいました。
好きな花なんですよ。
雨に濡れた1,5,6,すばらしいです。
Commented by shizenkaze at 2012-08-11 22:37
ナデシコ科で花が少し大きいものは花弁の縁にギザギザと波のが見られますがこのフシグロセンノウには見られませんね・・・・・

こちらではあまり見かけない花ですが他で見る事がたまにありました
同じナデシコ科の小さな花の多いマンテマ属には『フシグロ』って花もありますがこのフシグロセンノウの方が何倍も綺麗です~
センノウって京都のお寺の名前だとか・・・・・

いわれを調べると花の事ももっと親しめますね~
1.4.5.6いいです~♪^^
Commented by deep_breath38 at 2012-08-11 23:12 x
こんばんは。
フシグロセンノウ、緑の中で目立ちますよね~。
それにしても、マツモトセンノウと区別がつきません…(^^ゞ。
3,4,5,6、素敵ですね~(^^)。
Commented by hemi-kame at 2012-08-12 09:32
雨に濡れたフシグロセンノウも良い趣がありますね。
独りぼっちのスッと立った形が好きです。
ラスト、素敵です。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-08-12 20:17
asitano_kazeさん、こんばんは♪
鮮やかなオレンジが華やか過ぎて山野草だとは思っても見なかったです。
植物園でしか見たことがなく、植栽されているとばかり思い込んで通り過ぎていました。
緑の中では一際目立ちますね。
雨上がりで、びしょ濡れの泣き笑いです。
1、5、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-08-12 20:17
shizenkazeさん、こんばんは」♪
私も自生のものには出会ったことがありません。
2度目の出会いですが、いずれも植物園のものでした。
園芸種だとばかり~^^;
そうらしいですね? 京の嵯峨にある仙翁寺で見つかったのが名前の由来になったそうです。
調べて覚えましても、すぐに忘れて~^^ なかなかですよぉ~!
1、4、5、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-08-12 20:17
deep_breath38さん、こんばんは♪
際立ったオレンジで目を引きますね。
マツモトセンノウ、検索してみました。
花びらに切れ込みがありました。
見たことはありませんが、色はまったく一緒ですね?
3、4、5、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-08-12 20:18
hemi-kameさん、こんばんは♪
所々に独りぼっちの子がいました。
緑の中に一本だけのオレンジ、目立ちますけれど泣きぬれて侘しげでした。
ラスト、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ロックガーデンの花    ≪ ... まんまるい蕾から花へ    ≪... >>