無邪気に~!    ≪   ヘクソカズラ   ≫

変な名前の代表的な花です。

近所の貸し駐車場のブロック塀に垂れ下がって小雨に濡れながら咲いています。
茎や葉をもむと悪臭を放つと言われる ヘクソカズラ(屁糞蔓)、アカネ科の蔓性植物です。

傍によってみても匂いは気になりませんが、試したことがありません。

花は可愛らしく、又、果実も魅力があります。
秋の果実は金色に輝いてまろい~、まろい~、ブローチにでもしたくなるほど可愛いものです。

その果実の朽ちかけたものを付けたまま、新しい命が咲きはじめています。

人がつけた変な名前を気にもせず、小雨の中で無邪気に笑っている可愛らしいお花です。


花言葉は、 人嫌い、誤解を解きたい


(1)
a0140000_1915340.jpg


(2)
a0140000_1922459.jpg


(3)
a0140000_1923983.jpg


(4)
a0140000_1925717.jpg


(5)
a0140000_1931311.jpg


(6)
a0140000_1935039.jpg


(7)
a0140000_1941517.jpg


(8)
a0140000_1943283.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-07-04 19:05 | 植物 | Comments(8)
Commented by deep_breath38 at 2012-07-04 21:20 x
こんばんは。
農家の人が草取りの時なんかに、臭くて嫌われたんですかね~。
あんまりな名前ですよね…(^_^;)。
仰るように、花も実もカワイイですよね~。
1,3,5,7枚目が好きです~(^^)。
Commented by m-kotsubu at 2012-07-04 22:33
こんばんは
本当にかわいそうな名前のナンバー1ですよね~
可愛い花なのに。
花言葉…なんだかこの花の代弁をしているみたい。
3,4,6,8 いいですね~
膝、心配していただきありがとうございます。
少しずつ良くなっているような…。
体操、調べてみますね~^^
Commented by shizenkaze at 2012-07-04 22:44
今日長良川の堤防階段横でヘクソカズラの蕾が一杯見られましたが花はまだ1輪も見られませんでした・・・・・
やっぱりそちらの方から花便りが北上するのですね・・・^^

ヘクソカズラの名前が可哀相でも他の言い方は恥かしいような名前もあるので全く別の名で呼びたくなりますね・・・・・
これが五角形でなく六角形の花なら『ヘキサカズラ』が一番良いと思うのですが五角形なので『ペンタカズラ』とか赤い星が見られるので『赤星蔓』などはどうかな・・・・・^^

3.5.6.8の写真いいですね~
8の写真には去年の実がまだ見られますね・・・・・^^
Commented by hemi-kame at 2012-07-05 10:42
ヘクソカズラ、この名前は万葉集にクソカズラとして出ているそうです。
“ヘ”が付いたのはいつの頃か不明みたいです。
江戸時代の「草木図説」には“ヘ”を付けて表記してるそうです。
奈良時代からの名前と生き様に免じてどうか“広い心で”と申しませうか。
5,7枚目、ヘクソカズラもこのように撮られると花・蕾の付き具合が可愛いですよね。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-07-11 18:19
deep_breath38さん
花撮りに夢中で匂いを確かめたことはないのですが、
傍に寄るだけでは感じませんよね。
あまりにも有名で、茎や葉を揉んで見る勇気がありません^^
1、3、5、7枚目、ありがとうございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-07-11 18:19
m-kotsubuさん
お花の可憐さ、魅力がありますね。
金色の実もとても可愛いです。
3、4、6、8、有難うございます。
膝、早く良くなりますように~!

Commented by soyokaze-1020 at 2012-07-11 18:19
shizenkazeさん
長良川の堤防のこの花、今頃はもう咲いたでしょうか?
ペンタカズラ、赤星葛、どちらもヘクソ・・より良いかも~^^
是非、専門家に提案して下さい。
3、5、6、8、有難うございます。
8、は狙ってみました~^^

Commented by soyokaze-1020 at 2012-07-11 18:19
hemi-kameさん
万葉の頃から人々のお馴染みの花だったのですね。
昔から呼ばれ続けられた名前は、今更、返上できませんよねぇ。
5、7枚目、花の咲き始めで、蕾も可憐な姿でした。
有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 小さな喜び    ≪   フウ... 思い出を連れて    ≪   ... >>