のれんを潜れば春~♪    ≪   キブシ   ≫

山道を走っていると、まだ枯れ色の斜面や明るい山肌に、尾状の花穂をつけた樹木が目立ちます。

細い枝いっぱいに葡萄のような房が風に揺れるさまは、縄のれんのよう~!

キブシ(木五倍子)の花です。
変わった名前! しかもこの漢字は読めません~^^

江戸時代以前の結婚した女性のお歯黒の染料として、利用されたことから付けられた名前だそうです。
(果実に含まれるタンニンが、黒色染料の五倍子(ぶし)の代用になるところから・・らしいのですが・・?)

まだ葉が出てくる前の枝に、列をつくってズラッと垂れ下がっている様子は愛らしいですねぇ。

名もない小さな滝の前にあるキブシは壮観な眺めです。

この暖簾を潜れば・・・? その向こうは春・・・です。


花言葉は、 待ち合わせ、出会い

(1)
a0140000_23184626.jpg


(2)
a0140000_23191469.jpg


(3)
a0140000_23194372.jpg


(4)
a0140000_23195895.jpg


(5)
a0140000_23202273.jpg


(6)
a0140000_23203821.jpg


(7)
a0140000_2321121.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-04-22 19:00 | 植物 | Comments(6)
Commented by shizenkaze at 2012-04-22 21:07
キブシと出会えましたね^^
私はこの花が写したくて色々探し歩いていましたがまだ見つける事が出来ません・・・><
こちらでも見られる植物だと思うので見つかるまで探しますよ~^^

どの写真も全部いいですが特に2.5.6.7いいですね~♪^^
『キブシ』には出会えませんが『ギフシ』に居る私です・・・(笑)
Commented by m-kotsubu at 2012-04-22 22:43
こんばんは♪
キブシ、初めてブログ画で見たとき 会いたくていろいろ探しました。
山に行くようになったら 当たり前のように会うことができて
なんだか拍子抜けです~(笑)
確かにこの漢字は 読めませんよね~^^;
2,4,6 いいですね~
Commented by hemi-kame at 2012-04-23 09:48
そうですねぇ、ほんとに縄のれんのようです、言い得て妙です。
このようにぶら下がって咲くのも面白いですよね。
山道を走っていると垂れ下がったキブシを良く見ます。
みごとな“暖簾”が美しいです。
1,6,7枚目、良いですね、特に7枚目、縦にしたことでバックとキブシが合ってます、横より迫力があります。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-04-24 17:50
shuzenkazeさん
長い間、私も見たことがなく、ブログに載せてあるものを羨ましく見ていました。
少し標高が高い山道の道路沿いで出会った時は、感激しました。
花の時期しか識別できません。
葉が茂ってきますと、植物に詳しくない私にはきっと判らないと思います。
shizenkazeさんは木肌や葉など、観察力が鋭いですから、きっと見つかると思います。
2、5、6、7、有難うございます。

存じ上げていますよ!
岐阜市在住の「ギフシ・長良川河川敷、観光大使」のshizenkazeさんだと認識しています。
丁寧で優しい大使活動には目を見張る思いで居ます^^

Commented by soyokaze-1020 at 2012-04-24 17:50
m-kotsubudさん
山に行けば、其処ここで見かけますねぇ。
この時期でないと私は判りませんが・・・?
鳥も花も、漢字表記は難しいものが多いですね。
それなりに情緒的には感じますが、覚えられません^^;
2、4、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-04-24 17:50
hemikameさん
独特の花姿ですよねぇ。
イメージであれこれ想像を膨らませて楽しめるお花です。
1、6、7枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 山の中での楽しみ    ≪  ... 小悪魔の魅力    ≪   キ... >>