早春の精    ≪   アズマイチゲ   ≫

セツブンソウを見に訪れた時は、新芽さえ見当たらなかったこの場所に
3週間経ったこの時期、ボツボツとアズマイチゲ(東一華)が蕾をもたげています。

枯れ葉を押しのけて、柔らかな芽をふいた雑草の間に佇む姿は
まさに早春の精のようです。

お昼過ぎにやっとお日様の光が射し、少しずつ開き始めたお花、
この花も気温が低かったり、雨や曇りの日には開きません。

とてもナイーブなこの子を、気まぐれなお日様と付き合いながら
色んな表情を追いかけることになりました。


花言葉は、 温和、耐え忍ぶ恋


(1)
a0140000_18414338.jpg


(2)
a0140000_18421454.jpg


(3)
a0140000_18423588.jpg


(4)
a0140000_1843288.jpg


(5)
a0140000_18434127.jpg


(6)
a0140000_1844436.jpg


(7)
a0140000_18451826.jpg


(8)
a0140000_1845355.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-03-14 19:00 | 植物 | Comments(8)
Commented by shizenkaze at 2012-03-14 21:04
フクジュソウ、ユキワリイチゲそして今日はアズマイチゲですか~^^
私もキンポウゲ科の花を続けましたがsoyokazeさんも同じでしたね・・・・・^^
イチゲの仲間は見られませんでしたので見比べる事が出来てとても楽しく感じました~

白いガクにシベも全部白くて気高く感じます・・・・・
1.2.4.6.の写真いいですね~^^
Commented by m-kotsubu at 2012-03-14 22:46
こんばんは♪
アズマイチゲも控えめで優しい花ですね~
落ち着いた色合いで 素敵です。
1,6 いいですね~^^
Commented by deep_breath38 at 2012-03-14 23:27 x
こんばんは。
もうアズマイチゲが咲いてるんですね~(°。°)
トップ画透明感があって素敵です~。
他、3,6,7枚目もいいですね~(^^)。
Commented by hemi-kame at 2012-03-15 16:24
アズマイチゲ、うわぁ~幻想的。
1枚目の幻想的な前暈け、良いですねぇ。
素敵です。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-03-17 10:06
shizenkazeさん
山野草を守る会の方々がお世話をしている自生地です。
大きな所では有りませんが、栗林の林床に可憐な春の妖精たちが次々に咲きはじめて・・。
これからの時期、ここを訪れるのを楽しみにしているのです。
お隣の県で、車で2時間以上かかるのですが・・・。
アズマイチゲも魅力ある花で、心待ちにしていましたが、
お天気に恵まれないです。
お日様と花のご機嫌をとりながらの撮影は苦労しますね。
1、2、4、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-03-17 10:06
m-kotsubuさん
背が低く小さなお花ですので、全て腹ばいで撮ります。
栗のイガや尖った小石が肘や膝などに刺さり、難儀します^^;
それでもこの可憐な姿には心を奪われてしまいます^^
1、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-03-17 10:07
deep_breath38さん
期待はずれでは~? と、思いながら行ってみました。
先日は、芽さえ見えなかったものですから・・・!
植物は一週間もしますと思わぬ姿を現し、慌てることしばしばですね。
トップ、3、6、7枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-03-17 10:07
hemi-kameさん
落ち葉や泥にまみれながら撮りました~^^
10cmに満たないお花ですので、這いずり回りながら・・・! です。
1枚目、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 小さな白い妖精    ≪   ... 眠りから覚めて    ≪   ... >>