住宅街の溜め池で (Ⅱ)    ≪   ヒドリガモ   ≫

頭をモヒカンヘアーにしたお洒落に拘った鳥さんが居ます。

ヒドリガモ(緋鳥鴨)の男の子です。
モダンなヘアースタイルに比べて、この子の衣はとてもシックです。

上質の鮫小紋に染め上げられた反物にも見えます。

女の子は地味な装いですが、褐色の濃淡が微妙な魅力を出しています。
どちらも、本当におしゃれ上手ですね~!

この子たちの眼の周りはクマがあり、そのうえ少し奥目・・・!?
曇りのお天気の日は、尚のこと、目に光が届きません。

かなり、近くまで寄ってくれました。
ラッキーだと思うことにしました。


(1)
a0140000_210492.jpg


(2)
a0140000_2102994.jpg


(3)
a0140000_2104547.jpg


(4)
a0140000_2111276.jpg


(5)
a0140000_211316.jpg


(6)
a0140000_2114955.jpg


(7)
a0140000_212722.jpg


(8)
a0140000_2122699.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-02-08 21:03 | | Comments(10)
Commented by deep_breath38 at 2012-02-08 22:15 x
こんばんは。
ヒドリガモはカワイイですよね~(^^)。
頭の白いトコがお茶目に見えます~。
4,5,6枚目いいですね~。(^^♪
Commented by shizenkaze at 2012-02-08 22:39
ヒドリガモの体の色はオナガガモのような色ですが顔(頭)は全く違いますね・・・・・^^
モヒカンっぽいヘアースタイルでちょっぴりヤンチャな子に見えますね・・・・・^^

4.5.6.8の写真いいですね~♪^^
Commented by m-kotsubu at 2012-02-08 23:28
こんばんは♪
たくさんの水鳥さんがいますね~^^
カモの羽の色って そんなに派手さはないですが
どれもよく見ると美しいですよね~^^
ヒドリガモ、ちょっと愛嬌があって可愛いです♪
4,5 いいですね~^^
Commented by hemi-kame at 2012-02-09 11:11
ヒドリガモ♂の独り言
“俺たちヒドリはねぇ、江戸時代まえもうず~っと前から歌舞伎役者の衣装みたいのを着ているんだよ”
“江戸小紋の鮫小紋、俺たちの胸と横腹の模様に気が付いてくれてありがとよ”
“背中から後ろの白黒の羽織も粋がってるのさ”
“強く見せようと思っていたら頭はモヒカンになってさ、このおどけも歌舞いた印だよ”
“目の隈だけど、これは失敗したよ、迫力ねぇ~、めんぼくねぇ”
“これでも歌舞伎役者よりず~と前から俺たちは歌舞いているんだぜ、そこんとこ宜しく”
と5枚目のヒドリが言ってるよう・・・です。
Commented at 2012-02-09 16:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-02-09 18:52
deep_breath38さん、こんばんは♪
お洒落な子たちで、センスの良さに感心してしまいました。
鳥さんのセンスは真似できないと脱帽ですね?
4、5、6枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-02-09 18:53
shizenkazeさん、こんばんは♪
ヤンチャなヘアスタイルですのに、繊細な美しい羽が魅力です。
オナガガモは出会いがなく、カモさんも種類が多いことにビックリ!
まだまだ知らないことだらけで、少しずつ覚えていこうと思っています。
4、5、6、8、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-02-09 18:53
m-kotsubuさん、こんばんは♪
プチ遠征して良かったです。
思っていた以上に鳥さんに出会えました。
ヒドリガモさん、ここでしか逢ったことがないのですが
今回は近くで見ることができ、いっそう魅力を感じました。
4、5、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-02-09 18:53
hemi-kameさん、こんばんは♪
ヒドリガモの独り言~♪
楽しく拝見しました。有難うございます。
全てを物語っていただき、まさにその通りだと・・!
嬉しいコメント、感謝です。
Commented by soyokaze-1020 at 2012-02-09 18:54
カギコメさん、嬉しいご訪問、有難うございます。
鳥の世界は私にはまだ難しく、
覗いてみては戸惑うことばかりです。
コメントを戴いて、ここの溜め池は意外に多くの種類が居ることが判りました。
また、挑戦してみようと思います(散歩ではいけない場所ですので、なかなかですが・・・)
寒波が厳しい沈黙の冬は、切なく辛いです。

耳をとぎすまして、春の足音を待ち望んでいます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< スレンダーなダンサー♪    ... 住宅街の溜め池で (Ⅰ)   ... >>