この実 何の実、気になる実~!?    ≪   ナンキンハゼ   ≫

この時期になると、いつも気になる樹木があります。

すっかり葉を落とした枝の先に小さな白い花が咲いたような佇まい!?
背が高く近くで見たことがなく、いつも遠くから 「何の木なのだろう?」 と、眺めていました。

梅公園でその木に出会いました。
近くで見るその実は思っていた以上に可愛らしく魅力的です。
黒い果皮が弾けて中から大豆粒ほどの白い実が3個飛び出しています。

検索しましたら ナンキンハゼ(南京黄櫨) の実でした。

紅葉も見事で公園などにも植えられ人気がある樹木だそうです。
名前は知っていましたが、樹木に疎いものですから、この子がそうだったとは・・!?

江戸時代に中国から渡来し、蝋燭の原料にもなるといいます。
中国より渡来したものを「なんきん」と呼んでいたこともあり、それが名前の由来でしょうか?

実をつけた枝はとても愛らしく、リース飾りにも使われるそうです。 納得です。

7月頃、緑色の房状の花が咲くのだそうですが、散歩道のものでは確認していません。
それに山陰にあるためか紅葉したのも見たことがないような~?

気にしていたものが判るって、気持ちが良いですね。
スッキリしました^^

花言葉は 心が通じる


(1)
a0140000_1273837.jpg


(2)
a0140000_1281525.jpg


(3)
a0140000_1283620.jpg


(4)
a0140000_129045.jpg


(5)
a0140000_1292034.jpg


(6)
a0140000_1293776.jpg

by soyokaze-1020 | 2012-01-21 19:00 | 植物 | Comments(4)
Commented by shizenkaze at 2012-01-21 20:59
ナンキンハゼの葉は桂の葉のような形で秋の紅葉は見事です~
河川敷にあるナンキンハゼにはこの10年間で実が1個生っただけなので他で見て楽しんでいます・・・・・
花は雌雄別種で茎と同じような色をしているので目立たないですね

2.3.6の写真いいですね~^^
何でも気にしていたものが分かると気持ちがいいですね~^^

Commented by hemi-kame at 2012-01-22 08:58
ははぁ~ん、soyokaze-1020さんも純白の実にダマされそうになりましたか。
この白い実は遠くから見ると花が咲いたように見えますね。
私も“あれ!今頃、何の花だ?”と不審に思いながら木に近づいたものでした。
外殻が花の萼のように見えるのでよけいに花かと早合点しちゃいますね。
この木には小鳥たちが実を食べに来ますよ。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-01-23 09:10
shizenkazeさん、おはようございます♪
ナンキンハゼ、名前と結びついたのは今回が初めてなのです。
ず~っと判らなくて、何だろう?と思っていました。
紅葉も見事のようですが、確認できていません。
散歩道にも一本あるのですが、気がついたら葉を落として実だけになっています。
けれど、判ってスッキリしました^^
2、3、6、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2012-01-23 09:10
hemi-kameさん、おはようございます♪
冬枯れの山道を走っていますと、よく目にします。
樹形も美しく、とりわけ実をつけた姿は魅力がありますね?
本当に花が咲いているように見えます。
春のはじめにヒヨドリが2羽、高い所で実を啄ばんでいるところに出会いました。
此処は、去年、メジロちゃんが梅の花に来ていた所、
散歩道は鳥が少なく、梅公園に鳥狙いで来たのですが、一羽も出会いませんでした。
そのうち~!?でしょうか?
コメント、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 清らかで強い妖精    ≪  ... 春を食す~♪    ≪   ナ... >>