散歩道の憂鬱    ≪   ツルウメモドキ   ≫

散歩道はまだ冬鳥さんの来訪が見られません。

そろそろお目見えになっても良いはずなのに・・!?
そう思いながら、ブラブラ散歩です。

ここは、去年、ジョビ子ちゃんやメジロさん、シジュウカラ君に出会った所です。
ツルウメモドキ(蔓梅擬)の美しい実が沢山ついています。

が・・・!! 様子がおかしい~?
葉っぱが異様に縮れて、カサカサ、風に吹かれて今にも飛びそうです。

根元を見てビックリ! 驚きました。
隣のマサキに絡まって大きく育っていたこの子は、最早再生不可能な状態です。
護岸の上の僅かな土に根をおろし、四季折々に営みつづけ、チョウや鳥たちと遊んでいましたのに・・・!

悲哀・・! 憂鬱・・! 表現する言葉が見つかりません。

(1)
a0140000_19471147.jpg


(2)
a0140000_19474026.jpg


(3)
a0140000_19481823.jpg


(4)
a0140000_19491488.jpg


(5)
a0140000_19493176.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-12-04 19:52 | 植物 | Comments(8)
Commented by shizenkaze at 2011-12-04 20:59
写真を拝見していて本当に変だな・・・と思いながら見ていてラストの写真で唖然としました
酷いですね・・・><
所有者の意図でしょうか?
それとも他のものの悪意なのでしょうか・・・・><

悲しくて涙が出ます・・・・
Commented by ふくやぎ at 2011-12-04 23:12 x
ちょっと雰囲気のあるいい写真です。
私も好きです~
Commented by m-kotsubu at 2011-12-04 23:29
こんばんは♪
ツルウメモドキは可愛らしくて好きな実です。
色合いもいいですよね~
それにしても・・・こんなにバッサリとやられてしまったのですか?
こんな可愛らしい実なのに・・・ショックですね・・・。
Commented by hemi-kame at 2011-12-05 10:04
う~ん、難しい問題ですね。
どのような意図で切断したのか推し量ることができません。
私は草ボウボウの方を好むので“何も切断までしなくても・・・”と思います。
ツルウメモドキは枯れて花材などにも使われます。
けっこう趣きはあるんですがね・・・切断は残念ですね。
殻を剥いた赤い実の有り様が良いです。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-12-05 23:27
shizenkazeさん、こんばんは♪
この川べりには、モミジやマサキ、ビワの木、名前が判らない色々な樹木が植えられています。
住宅の前には小さな花壇を造っているところもあります。
果たして所有者がいるのかどうかも判りません。
散策する人は、それらや川を眺めながら楽しんでいます。
ツルウメモドキがこの大きさまで成長するには、相当の年数が要るでしょうに・・。
本当にどうしたことでしょう?
絶えてしまうかと思うと、ショックですねぇ。 
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2011-12-05 23:27
ふくやぎさん、こんばんは♪
この子は3・4mの高さの傍の樹木に絡まって
気ままな姿で実をつけています。
見上げて撮る絵は、私には難しく、背景の工夫は課題です^^;
お褒めのお言葉、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2011-12-05 23:28
m-kotsubuさん、こんばんは♪
今年はいつもより実がたくさんついていると、楽しみにしていました。
きっと、鳥さんも大喜びでいろんな子に出会えるのでは・・? 期待していたのですが・・・。
本当にショックです。
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2011-12-05 23:28
hemi-kameさん、こんばんは♪
傍の樹木を覆って沢山の実をつけていました。
去年より確かに広がってはいましたが、
根元を切らなくても・・! と、思いました。
花は地味ですが、この弾けた実は可愛いですし、華やかで好きなのですが・・。
とても残念です。
暖かいコメント、有難うございます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 初冬の返り花    ≪   ユ... 冬の風物詩    ≪   サザ... >>