追憶にひたりながら・・・    ≪   茶の花   ≫

竹林の中に、茶ノ木を見つけました。

花がなければ、おそらく判らないような処です。
ぎっしりと詰まった黄色の雄シベは、子供の頃に見たものと変わりません。

遠い昔、田舎ではお茶は自家製でした。
庭に大きな釜を出し、薪を燃やしながら茶葉を揉んでいました。
近所の人たちが集まっての共同作業でした。

幼い私たち子供は、その周りを飛び跳ねて遊んでいました。
大人たちが集まって楽しそうにする作業は、子供たちにもワクワク嬉しいものでした。

作業の手順も、季節すら覚えていませんが、
匂いたつ茶葉の香りと、それを揉む母の背中の動きを、茶の花は蘇らせてくれます。

大人になってから、長い間、この花に逢うことはありませんでした。
山の竹林の藪の中で、わずか数輪の花をつけた茶の木、
ネット検索しましたら、日本各地で野生化しているそうですね。

(1)
a0140000_21543050.jpg


(2)
a0140000_21544822.jpg


(3)
a0140000_21571870.jpg


(4)
a0140000_2157368.jpg


(5)
a0140000_21575145.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-11-15 21:59 | 植物 | Comments(10)
Commented by shizenkaze at 2011-11-15 22:09
この茶の木も綺麗に刈り揃えられていない野性っぽい木ですね^^
公園等で見られるものは綺麗に四角く刈り揃えられていて野趣が感じられません・・・><

ここの茶の木にはあまり実が見られないですね?
こちらの梅林公園の茶の木は花と蕾と実が見られました・・・・・
茶の実を切るとサルの顔に見えるって子供の頃には良く遊びました(今でも時々やりますが・・・・^^)

2.3.4の写真いいですね~^^
茶の木には『イラガ』の幼虫が付いている事があって刺されると大変辛いです・・・・・><
Commented by m-kotsubu at 2011-11-15 22:55
こんばんは♪
お茶の花を見ると いつも和菓子を思い浮かべてしまいます・・^^;
黄色いシベがと真っ白な花の組み合わせが
いいですよね~
こんなふうに自然に咲いていると とっても美しいです。
2,3 いいですね~^^
Commented by hemi-kame at 2011-11-16 10:38
オシベのふさふさが面白いですね。
茶の木だから“茶筅”みたいなんて・・・安易ですね。
花はふくよかな平安美人のイメージが湧きます。
茶の木にぶら下がる蓑虫の蓑を取って裸にして色紙の屑を細かく切って裸にまぶしてやるとカラフルな蓑をつくりますね。
そんなことも思い出します。
Commented by asitano_kaze at 2011-11-16 12:30
チャノキはひっそりとした佇まいですよね。
花はそれなりに目立ちますが、派手ではないですよね。
3のように連なって咲いている花、いいですねぇ。
2,4,これはべっぴんさんですね。
トップ、風情があります。
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-11-16 16:40
茶の木の花
山茶花に似ているのですね。
この木の葉っぱもお茶に使えるのでしょうね。
葉っぱを蒸して、揉んで
良い香りがするのでしょうね。
今日もスマイル
Commented by soyokaze-1020 at 2011-11-17 18:26
shizenkazeさん、こんばんは♪
田舎にいた頃はよく見ていた茶の花、大人になってから出会いがありませんでした。
花に関心がない幼い頃でも、茶の木の間に疎らに咲くこの子を美しいと思っていた記憶はあります。
ここには数輪しか咲いていませんでしたが、懐かしく昔を思い出しました。
実はついていなかったようです。(おサルの顔のようなのですか?)
2、3、4、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-11-17 18:26
m-kotsubuさん、こんばんは♪
こんなような和菓子、ありますよねぇ。
昔は生菓子といって、父母が好んで買ってきました。
久しぶりにこの花に会い、遠い昔の頃を思い出しました。
2、3、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-11-17 18:27
hemi-kameさん、こんばんは♪
見方によって茶筅にみえますねぇ。
生け花をされているお母さまは茶道もたしなめるのですか?
ミノムシでカラフル蓑虫をつくって遊ばれたとは? 凄い発想のですね^^
コメント、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-11-17 18:27
asitano_kazeさん、こんばんは♪
山の中で、一株だけでしたが花がついているのを見つけました。
ひっそりした佇まいに惹かれます。
kazeさんの茶の木の花のように立派なものには出会いがないです。
3、2、4、トップも有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-11-17 18:27
KawazuKiyoshi先生、こんばんは♪
サザンカの仲間なのでしょうね?
春の新芽はお茶に生るものと思いますが
ここには一本だけで、多分量が足りないのでは・・?
野生化しているお茶の木ですもの!?
花を見て、追憶にひたりながら撮ってみました。
花言葉は追憶だそうです。
思い出しながらのスマイルです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 誉れ高い大宮人のように    ... 葉がくれに現れし実の・・・  ... >>