秋風の中の優美な姿    ≪   シュウメイギク   ≫

暑かったり急に冷え込んだり・・・。
気まぐれなお天気であっても、秋は静かに深まっています。

秋風に身を任せて咲く花たちは、華やかさより淑やかな佇まいを見せてくれます。

細くて長い花茎に、似合わないほどの大きさの花をつけるシュウメイギク、
群れて枝垂れて騒いでいても、何となくつつましやかに見えるのは
澄みきった秋の空気のせいでしょうか?

シュウメイギク(秋明菊)は“アネモネ”の仲間だそうです。

“アネモネ”の名前はギリシャ語の風を意味する“anemos”が語源、「風の花」の意味なのですねぇ。
確かに秋風がよく似合います。
す~っと背が高く、腰を曲げていても、枝垂れていても、秋風にそよぐ姿は趣がありますね。

(1)
a0140000_21385150.jpg


(2)
a0140000_21395411.jpg


(3)
a0140000_21402888.jpg


(4)
a0140000_2141376.jpg


(5)
a0140000_21413357.jpg


(6)
a0140000_2142085.jpg


(7)
a0140000_21421779.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-10-26 21:43 | 植物 | Comments(10)
Commented by shizenkaze at 2011-10-26 22:29
シュウメイギクは可憐な感じに見られる時も妖艶な感じに見られる時もありますね・・・・・^^
科名等でアネモネの仲間だとは知っていました~
他にイチリンソウやニリンソウ等も同じですね・・・・・^^
ただアネモネに風の意味があったのは暫く忘れていましたが風の神をギリシャ神話では『アネモイ』って言いましたね~
私には『アネモイ( Anemoi)』より『ウェンティ(Venti)』の方がすぐに風神と分かります・・・♪^^

本当に細過ぎる茎に大きな花が咲いているので不自然にも思えますがシュウメイギクはそれが当然のように思っているのでしょうね・・・・・
1.2.4.7の写真いいですね~
とても可愛いです^^
Commented by m-kotsubu at 2011-10-26 23:00
こんばんは♪
シュウメイギクも 独特の佇まいで目を引きますね~^^
風の花・・ですか。
素敵な響きですね~
どちらかといったら 白が好きかな~
1,2,4 いいですね♪
Commented by deep_breath38 at 2011-10-27 00:10 x
こんばんは。
シュウメイギク、母の好きな花です。
やはり白花が、清楚な雰囲気でいいですね~。
八重のもあるんですか~(°。°)。
トップと4,5,7枚目、素敵です~。
Commented by hemi-kame at 2011-10-27 10:37
ヒュルヒュル茎が伸びてますね。
確かに枝垂れるも良しと言えます。
アネモネの仲間ですか。
1,5枚目、秋風に吹かれても良い雰囲気ですね。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-10-27 21:49
shizenkazeさん、こんばんは♪
お花だけ見ますとアネモネそっくりですね!
私は知識がないものですから、そのつど検索して「ふう~ん!?」と、感心するばかりです。
覚えながら忘れるの繰り返しです。
1、2、4、7、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-10-27 21:49
m-kotsubuさん、こんばんは♪
散歩道の住宅前も増えたような気がします。
というより、私の目が花に向くようになって気がついたのかも・・?
学名・属名から「風の花」なのだそうです。 そのようですよねぇ~。
夕闇が迫る前の明かりの中のシロバナ、妖しげで魅力がありますよ~^^
1、2、4、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-10-27 21:49
deep_breath38さん、こんばんは♪
ピンクは八重も一重も見たことがあるのですが、
シロバナの八重は見たことがないですねぇ? あるのでしょうか?
シュウメイギクがお好きなお母さま、淑やかなお人柄だと想像いたしました。
トップ、4、5、7枚目、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2011-10-27 21:49
hemi-kameさん、こんばんは♪
細い茎ですのにわりに背丈があり、空に向かってという訳にはいかないようです。
そこが又、良くて私は好きなのですが・・。
お花だけを見ますとアネモネに似ていますねぇ。仲間のようですね。
1、5枚目、有難うございます。

Commented by asitano_kaze at 2011-10-28 11:57
白花、こぞってうつむき顔になっていますね。
憂い顔かと思えば、そんなことはなくて、4,5のにこやかな表情、淑女の穏やかさを見せていますね。
白の美しさ、いつも見事に捉えておられますね。
赤花も撮られたのですね。
ラストのヒラタアブ、いいですね。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-10-28 22:34
asitano_kazeさん、コメント有難うございます。
庭園の入り口は樹木や塀の影になっていて、
ここのシュウメイギクは面白い仕草を見せてくれます。
それが好きでいつも会いに行きます。
4、5枚目は膝を折って撮りました。
赤花は庭園の中の日があたる所のものです。この子はまだ背伸びの姿でした。
お日様の力はたいしたものですねぇ。
ラスト、有難うございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 樹木の下の灯り    ≪   ... 深まりゆく我が家の庭    ≪... >>