あふれる個性美    ≪   ヒオウギ   ≫

何気なく立ち寄った庭園の入り口に、
今、見ごろの花として、ヒオウギ が掲げられていました。
この時期に咲くお花だったのですね?

(1)
a0140000_19585984.jpg


ちょっと期待してその場所に行ってみましたが、
花は、やっと5・6個、相変わらず、ここは植物が細々と暮らしています。
主に山野の湿り気のある木陰に好んで自生するそうですが、
里山や森を歩いても見かけたことがありません。

(2)
a0140000_1959207.jpg


私の場合、ここでしかこの子に出会えないのです。
5cmほどの小さな花は、大きな葉の間から茎を伸ばし先端に個性的な笑顔を見せています。

(3)
a0140000_19594278.jpg


去年の秋の初めに、もうすぐ ぬばたま(射干玉) に出会えるとワクワクしながら待っていましたのに
お月見を間近に控えたある日、見事に根元からバッサリされて
庭園の入り口の大きな花壷に入れられていました。

(4)
a0140000_2001212.jpg


背丈が1m以上にもなりますので、花材として花も緑色の果実もよく使われるのだそうです。
観光客対象の日本庭園ですから、庭の管理は行き届いていますが
花や樹木は庭の装飾の立場で、早めに切り揃えたり刈り取られたり、仕方がないですね。
今年も、艶々の黒い種の ぬばたま には出会えないかもしれません。

(5)
a0140000_201496.jpg


ヒオウギ(檜扇) ・・・ アヤメ科  ヒオウギ属

宮中で用いられたヒノキで作られた扇(檜扇)に葉の並びが似ていることから名付けられたといいます。
ぬばたま は、烏の羽のように黒いことから、ヌバタマ(烏玉)と呼ばれ、
万葉集では 夜、黒、髪などにかかる枕詞だそうです。

(6)
a0140000_2012942.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-07-30 20:01 | 植物 | Comments(10)
Commented by deep_breath38 at 2011-07-30 23:41
こんばんは。
ヒオウギは、会えるとうれしい花ですよね~(^^)。
昔は自然にたくさん咲いてたのかもですが、今は野草園などでたまにしか見かけないので…。
2,3,4,6枚目好きです~(^.^)。
Commented by m-kotsubu at 2011-07-30 23:43
こんばんは♪
ヒオウギは、本当に個性ある姿ですよね~^^
一度見たら忘れられません。
なかなか出会うのは難しいですね。
私も植物園でしか見たことがありません。
2,3,4 素敵ですね~^^
Commented by フクちゃん at 2011-07-31 08:26 x
まだ咲いていましたか
小さな百合見たいで綺麗ですよね
今朝は肌寒いです、どうなっているのでしょうね
Commented by shizenkaze at 2011-07-31 20:36
自然の中に咲くヒオウギは少なくなりました・・・・・
同じ科のアヤメや花菖蒲、シャガと比べてもアヤメ科の花の特徴より他の植物のようにも見えて不思議な花ですが日本的な雰囲気を持っていますね・・・・^^ 

1.2.3.4の写真いいですね~^^
Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-31 21:30
deep_breath38さん、こんばんは♪
庭園に一塊で植えられているものなのです。
自生している所もあるようなことを記しているサイトもありますが
近くではなさそうで・・・!?
2,3,4,6枚目、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-31 21:30
m-kotsubuさん、こんばんは♪
葉っぱに比べるとお花は小さいですが
この色、姿は葉っぱを凌ぐほど個性的ですよね。
2,3,4、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-31 21:30
フクちゃん、こんばんは♪
終わった花もありましたが、
多分、今からが最盛期だと思います。
花期は7・8月らしいですから・・・?
おかしな気候ですよね?
こちらは蒸し暑くて、雨が降りそうなハッキリしないお天気ですよ。
コメント、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-31 21:36
shizenkazeさん、こんばんは♪
ここで初めて出会い、小さいながらも妖しげな姿に魅せられました。
他の場所での出会いがないのですよね?
花は細々と暮らしていますが、今年も会えることが出来て安堵しています。
1,2,3,4、有難うございます。

PC,回復したのですね? 良かったです。

Commented by asitano_kaze at 2011-07-31 22:18
ヒオウギ、この前見たときにはまだまだのようでした。
場所によって、開花時期がことなるので、見頃に行き合わせることが大変です。
この花もヒメヒオウギズイセン系の色合いですから、手ごわいですね。
2,4,5,6、すばらしいです。
わけても4が一番好きです。
雄しべが雌しべに寄り掛かっているところがいいですね。
ラストの扇のように広がっている葉、よく撮れています。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-08-01 21:54
asitano_kazeさん、コメント有難うございます。
ここのヒオウギは細々した感じで花つきも芳しくありません。
私が訪れる時期が悪いのかも・・?
少しアンダー気味に抑えてみたのですが・・・?
ラスとの切り取り方も難しく思いました。
2,5,6、特に4、有難うございます。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 涼やかな笑顔     ≪   ... 睡蓮池のトンボ >>