慈愛に満ちて    ≪   タイサンボク   ≫

この花が咲いていることは知っていたのですが、撮りに来るチャンスがなく諦めていました。

偶然近くまで来ましたら、まだ、沢山の花が見られます。

(1)
a0140000_2225252.jpg


ただ、昨夜からの雨で花びらがシベを守るように俯いています。

(2)
a0140000_2233065.jpg

ここのタイサンボクは本当に大きく、何年も気がつきませんでした。

花をつけた時期に来たことがなかったのか・・?
いつも車で通るだけの所ですから、樹木の上の方に咲く花に気がつかなかったのかも知れません。

(3)
a0140000_224882.jpg


去年、母の法要の時に出会い、そのおおらかな花姿とふくよかな香りに感動しました。

以来、この花は母と結びつくようになりました。

(4)
a0140000_2245366.jpg




今思えば、言葉は少ない母でしたが、いつもしっかり子供たちを見守ってくれていた気がします。

私も懸命に生きているけれど、いつも思うのは・・。
母を超えることは出来ない! そんな気になります。

(5)
a0140000_226390.jpg


タイサンボクの艶のある分厚い葉っぱ、その影から覗く厚手の真っ白い花、
眺めているとふんわり温かい気持ちになります。
慈愛に満ちた母の笑顔に見えます。


(6)
a0140000_227020.jpg


タイサンボク(泰山木) ・・・ モクレン(木蓮)科  モクレン属

北アメリカの東南部原産、 明治初期に日本へ渡来したそうです。
花、葉、樹形などが大きいこと、花の形を大きな盃(さかずき)に 見立てて「大盃木」、それからしだいに「泰山木」になったともいわれます。

(7)
a0140000_22855.jpg

by soyokaze-1020 | 2011-07-02 22:10 | 樹木 | Comments(10)
Commented by m-kotsubu at 2011-07-02 23:19
こんばんは♪
お母様の思い出とタイサンボクの花・・
思い出がある花というのは いいものですね。
大らかで優しくて 本当に母のような花ですね。
見ていると気持ちが落ち着きます。
雨でしっとりと濡れていますね。 風情があります。
1,3,5,7 いいですね~^^
Commented by フクちゃん at 2011-07-03 08:19 x
まだ咲いていましたか大きな木に白い花、綺麗とは言えませんが
沢山咲いているとなぜかとりたくなります
今日も暑くなりそうですね
Commented by shima0319 at 2011-07-03 13:06
こんにちは~
花を見て、母を思い出す。
素敵ですね~
タイサンボク、厚みのある葉、ふくよかな丸みをおびた花びらに魅了します。
ラスト、微笑んでるようですね^^

Commented by asitano_kaze at 2011-07-03 17:05
タイサンボク、花期がかなり長いですね。
こちらでも、まだまだ見られます。
花弁が花芯をおおっていますね。
2,5,7、雄しべがこぼれた姿、すばらしです。
4枚目の安らいだような花柱の佇まいがいいですね。
5枚目がもっとも好きです。
soyokazeさんの優しい目が注がれていますね。
Commented by shizenkaze at 2011-07-03 20:41
大きな木でも不思議と見逃している事ってありますね・・・・・
私も近くに咲いている花に気が付かないで何年も見られなかった事がありました・・・・・
でも一度見かけると同じ花を他の場所でも見られるようになってドンドン花と出会える場所が増え続けます・・・^^

タイサンボクはアメリカ原産なのに『和』の雰囲気のする花ですね^^
葉も厚くて強くて花は大らかで優しく思えますからsoyokazeさんのお母様に対する想いが私にも伝わって来ました・・・・・

母親と花を結び付けて思うことが素敵です
私の母で思い浮かべる花は無いので素敵だな~と思いました

3.4.5.7の写真いいですね~~♪^^
Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-03 21:12
m-kotsubuさん、こんばんは♪
この花を見ますと大きな優しい気持ちに包まれる感じがします。
それを母と結びつけてしまいます。
雨が丁度やんだ時に撮りました。
1,3,5,7、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-03 21:12
フクちゃん、こんばんは♪
もう、オシベが落ちかかり終焉を迎えようとしていました。
間に合ってラッキーでした。
毎日、蒸しますねぇ。 体調管理に気をつけましょう。
コメント、有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-03 21:12
shimaさん、こんばんは♪
みんなそれぞれの花にそれぞれの思い出があるでしょうね。
今年はチャンスがなく、この花に向き合えないと思っていましたが
まだ、咲いていました~^^
優しい微笑で迎えられたようで、ラッキーでした。
コメント、有難うございます。
Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-03 21:13
asitano_kazeさん、こんばんは♪
はい、間に合って嬉しく思いました。
間もなく終焉なのでしょうね?
どの花もシベを守るように覆いかぶさっていました。
その姿も母とかぶさってしまいます。
時折、母としての自分に自信をなくしそうになります。
いつも静かにかまえていた母を思い出し、戒めています。
2,5,7、それに4,5枚目も有難うございます。

Commented by soyokaze-1020 at 2011-07-03 21:13
shizenkazeさん、こんばんは♪
そうなんですね!
この花を知ってから、近くの公園や人の庭や、いろんな所で出会います。
こんな所にあったんだぁ~!なんて、驚いたくらいです。
お花を見て、思い出したり感じたりすることは男の人とは違うかもしれませんね?
3,4,5,7、有難うございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< そぼふる雨に濡れて    ≪ ... 源氏物語の赤鼻の姫    ≪ ... >>